カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 乳幼児に多い「髄膜炎」の原因と症状!無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎の違い

育児・子供の病気

乳幼児に多い「髄膜炎」の原因と症状!無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎の違い

 「髄膜炎(ずいまくえん)」という病気を聞いたことがあるでしょうか。

 子どもの病気のなかでも特に早期診断・早期治療が大切な病気で、その上予防できることでも知られている病気です。

  

髄膜炎には大きく二つに分けて「無菌性髄膜炎」と「細菌性髄膜炎」があり、細菌性髄膜炎の方がより重い症状となり、小さな乳幼児にも多いです。

  

今回はそんな髄膜炎を「無菌性髄膜炎」と「細菌性髄膜炎」の二つに分けて、双方の原因とおもな症状についてまとめてみました。

  

そもそも、髄膜炎とは?

脳と脊髄を覆っている「髄膜」と呼ばれる保護膜の部分が、炎症を起こしてしまう病気のことです。

「脳膜炎」や、「脳脊髄膜炎」とも呼ばれます。

 

細菌性髄膜炎の原因

細菌が見つかった場合は、細菌性髄膜炎と診断します。

生後3ヶ月くらいまでは大腸菌やB群連鎖球菌がおもな原因となり、生後3ヶ月以降はインフルエンザ桿菌(Hib)や肺炎球菌、髄膜炎菌がおもな原因となります。

 

乳幼児の髄膜炎の原因の半数がインフルエンザ桿菌によるものだといわれており、とくに生後3ヶ月以降の0歳児、1歳児に多いといわれています。

 

感染経路は?

新生児の場合、細菌性髄膜炎のおもな感染経路としては、出産時のトラブルやその治療にともなうもの、出産後のさまざまな治療に関係して発症してくるものが考えられます。

 

年齢の進んだ乳幼児の多くでは、上気道感染から菌血症、髄膜炎と進行してくるものが考えられます。

 

細菌性髄膜炎の症状

細菌性髄膜炎は重症なことが多く、普段より元気がなく、意識状態が悪いときには非常に注意が必要な病気の一つです。

高熱や激しい頭痛、頻繁な嘔吐、意識障害やけいれんなどの症状が起こることがあります。

 

乳幼児の場合、機嫌が悪い、泣き声が弱い、哺乳力の低下といった様子が見られた場合には、髄膜炎の疑いを持つ必要があります。

 

無菌性髄膜炎の原因

細菌が見つからなかった場合は無菌性髄膜炎と診断され、そのほとんどがウィルス性のため「ウィルス性髄膜炎」とも呼ばれます。

夏風邪のほか、おたふく風邪や手足口病のウィルスが原因となることが多いようです。

 

細菌性髄膜炎が乳幼児に多いのに対し、無菌性髄膜炎は比較的年長の幼児や学童に多い病気です。

 

無菌性髄膜炎の症状

発熱・頭痛・嘔吐が三大症状といわれています。

ウィルス胃腸炎や単なる風邪と間違えやすいため、注意が必要です。

 

また、特徴的な症状として「項部強直」が挙げられます。

首のうしろが硬くなり、首を前に曲げにくくなるので、子どもが首を動かす際に痛みを訴えれば、無菌性髄膜炎の疑いがさらに強くなります。

 

髄膜炎の診断は困難なことも多いので、発熱や頭痛が続く場合には疑いを持って一度医療機関を受診しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

乳幼児が結核と診断された!結核と診断されてから治療まで

もしも赤ちゃんが結核にかかってしまったら、どうすればよいのでしょうか?   少...

子どもが疲れやすい…もしかして肺静脈弁狭窄症かも?!

赤ちゃんの先天的な心臓異常のひとつである、肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんき...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る