カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 小児がん >
  5. 子どもの脳腫瘍は大人とどう違う?乳幼児の「脳腫瘍」の原因と症状

育児・子供の病気

子どもの脳腫瘍は大人とどう違う?乳幼児の「脳腫瘍」の原因と症状

「脳腫瘍(のうしゅよう)」という病名を聞くと、大人の病気であるとイメージする人も多いかもしれません。

しかし実は、小児の悪性腫瘍のうち、白血病に次いで多く見られる腫瘍なのです。 

子どものがん患者の5人に1人が脳腫瘍であることから、決して珍しい病気ではないことがわかります。

 

では、実際に子どもの脳腫瘍は大人とどう違い、どのような病気なのでしょうか?

 今回はそんな「脳腫瘍」について、原因とおもな症状をまとめてみました。

  

脳腫瘍とは

脳腫瘍は、脳からできた腫瘍の場合だけでなく、脳を包む膜が腫瘍になった髄膜腫や、脳から出ている神経に発生する神経鞘腫など、脳のまわりのものからできた腫瘍も含んで「脳腫瘍」と呼びます。

良性のものと悪性のものとがあります。

 

脳腫瘍の発生原因

発生原因はほとんどの場合において不明です。

しかし一部、遺伝性・家族発生のみられる脳腫瘍があります。

 

子どもの脳腫瘍 

子どもに多い脳腫瘍は、神経膠腫、胚細胞腫瘍、髄芽腫、頭蓋咽頭腫などです。

 

子どもの脳腫瘍は大人と比べて種類や好発部位が異なります。

子どもの場合は半数近くが後頭蓋窩とよばれる小脳や脳幹などに存在することから、乳幼児や幼児は頭部の拡大(水頭症)を起こしやすいといわれています。

 

症状のあらわれかた

症状は脳腫瘍の発生部位や種類、子どもの年齢によって異なります。

脳腫瘍が大きくなると意識障害、けいれん、性格変化、頭痛や嘔吐、視野の欠損や失語などがみられます。

 

1歳半以下の乳幼児の場合は頭蓋縫合が閉鎖していないため、水頭症などの頭部拡大によって頭蓋内圧亢進症状(頭痛や嘔吐)があらわれにくいこともあります。

 

また、手足の麻痺や歩行の異常、顔面のゆがみや眼の動きの異常がみられることもあります。

異常に水分を欲しがったり、尿が多かったりという症状も起こり得ます。

 

少しでも様子がおかしかったら病院へ

乳幼児や幼児の場合、脳腫瘍によって脳内に水がたまったり、水頭症を起こしても頭蓋縫合が開きやすく、頭蓋内圧が上がらず頭痛や意識障害などの症状が見られないことがあります。

 

単に不機嫌だったり、軽い歩行障害が起こる以外の症状が見られないこともあり、見極めが難しい場合があります。

 

いつもと違う様子が見られた場合には、自己判断せず早めに医療機関を受診しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

小児がんに関する記事

転移しやすいけど治りやすい?小児がん

  小児という形容がつかない、単純に大人のがんというと、胃がんや食道がん、肺が...

がんより肉腫が多い?小児がんが怖い理由

  子どものがんは大人のがんとは違い、特別に小児がんという言われ方をします。具...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

小児がんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る