カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 網膜症 >
  6. 糖尿病網膜症は失明の原因第1位!その治療法、対処法は?

生活習慣病

糖尿病網膜症は失明の原因第1位!その治療法、対処法は?

糖尿病になると血液の流れが悪くなり、代謝の異常が起こることなどから、さまざまな合併症が引き起こされます。

なかでも「糖尿病網膜症」は糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで三大合併症と呼ばれており、日本人の失明原因の第1位になっています。

 

糖尿病網膜症の原因

糖尿病網膜症は、眼底にある網膜に障害が生じて起こる合併症です。

網膜には、あみの目のように毛細血管が張りめぐらされていて、その毛細血管から栄養や酸素を得ています。

 

高血糖が長く続くと血液の流れが悪くなるので、毛細血管に血のかたまり(血栓)や出血を起こします。

そのため、網膜に障害が起きるのです。

 

血栓や出血をおこして網膜への栄養や酸素の供給がうまくいかなくなると、網膜の毛細血管は新しくつくられます。

しかし、新しくつくられた毛細血管はもろくて破れやすいので、さらに出血を起こすという悪循環に陥ります。

 

出血が硝子体(しょうしたい)に広がり、血液が固まってカサブタになると、網膜を引っ張って網膜剥離を起こし、失明の危険があります。

 

治療法

糖尿病網膜の治療方法は2種類あります。

 

網膜光凝固法

レーザーを用いる治療法で、通院で行われます。

 

網膜の酸素不足を解消し、新しくつくられる血管を予防する、または減らすことで網膜剥離を予防します。

網膜がさけたり穴があいているなど、まだそれほど網膜剥離が進行していない場合に行われることが多いです。

 

多くの場合、治療後の視力はそのままかむしろやや低下しますが、網膜剥離による失明を予防するには有効な治療方法です。

 

硝子体手術

網膜剥離や硝子体への出血がある程度進行してしまっている場合は、硝子体手術が行われる場合が多いです。

 

硝子体手術とは、眼球に3つの穴をあけてその穴から出血を取り除き、はがれた網膜を元に戻すという手術です。

約10日の入院が必要になります。

 

糖尿病網膜症の対処法

高血糖が続くと起こってしまう合併症なので、血糖コントロールをしっかりすることが第一です。

食事や運動など生活習慣を整えながら、必要な場合は薬物療法も医師と相談しながら行いましょう。

 

また、糖尿病網膜症はかなり病状が進むまで自覚症状がないことが多いです。

糖尿病の人はとくに視力低下を感じなくても、定期的に眼科を受診し、眼底検査を受けることをおススメします。

 

(Photo by:足成 )

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

網膜症に関する記事

インスリン製剤を使用すれば急激に進行する?!糖尿病性網膜症について

糖尿病性網膜症は、従来HbA1cが7~8%以上と高血糖の状態が数年持続すること...

「単純網膜症・前増殖網膜症・増殖網膜症」~糖尿病網膜症の段階と症状~

    糖尿病の3大合併症の1つとして糖尿病網膜症があります。この合併症では...


糖尿病の合併症、「網膜症」と「白内障」について

  糖尿病は高血糖によるインスリン不足から起こる、さまざまな合併症が起こり...

糖尿病で目の充血?!糖尿病網膜症とは?

基本的に目の充血は、目の疲れや目の病気が原因で起こりますが、時として身体の病気...

カラダノートひろば

網膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る