カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. たかが高血圧だと思わないで!後遺症で半身不随になることも

生活習慣病

たかが高血圧だと思わないで!後遺症で半身不随になることも


 

 

高血圧により脳の血管病を発症すると、

その後の生活ができなくなるほど重篤な後遺症が残ってしまいます


脳の血管病は、脳の血管が詰まったり破裂したりして、

脳の一部が酸素が届かずに壊死することになるのです。


脳が壊死しては、その部分の機能が失われ、日常生活など不可能になります。
結果重篤な後遺症により、要介護者となり、介護が必要な状態になってしまうのです。
生活習慣病の中でも高血圧は要介護者になるリスクが高いと言えます。

医療の発達により、脳の血管病でも命が助かるようになってきましたが、それによって脳卒中などになって命が助かり、その後要介護者となる人が増えたとも言えます。


高血圧と要介護者


1.高血圧により脳の血管病を発病する
2.適切な治療で命が助かっても重篤な後遺症が残る
3.介護が必要な生活に


■現在、日本では介護体制がどんどん整えられています。
ですが、だからといって要介護者になるリスクをそのまま放置しておいて良いというわけではありません。


脳卒中などによって半身不随になってしまっては、

それまでの生活とは完全に切り離されてしまうことにもなるのです。


特に高血圧による脳卒中など重度の要介護度になる可能性が高いのですから、

常日頃から血圧に注意することが望ましいでしょう。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_27_66/products_id/1776])

著者: nobuさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

合併症に関する記事

気づかないうちに?ヒートショックによる血圧に変化に注意!

  生活習慣病を発症している人は、健康な人よりも脳卒中や心筋梗塞などの突然死の...

自覚症状が少ないサイレントキラー「高血圧」の恐ろしさとは?

    ■高血圧は、自覚症状がほとんど無く、 それでいて発覚したときは...


ヒートショックプロテインを増やしてヒートショック予防

  生活習慣病を発症している人は、血管や心臓が健康でなく、特に急激な血流の変化...

歯周病患者が降圧剤を服用すると『歯肉増殖症』の可能性?!

  ニフェジピン服用で『歯肉増殖症』の合併症、内科医からの説明はないケースも?...

カラダノートひろば

合併症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る