カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. アレルギー性鼻炎 >
  6. 合併症が多い!子どものアレルギー性鼻炎の対処法

育児・子供の病気

合併症が多い!子どものアレルギー性鼻炎の対処法

大人にも多い「アレルギー性鼻炎」ですが、最近では発症の低年齢化がすすみ、子どもにも多く見られるようになってきました。

 

ハウスダストや花粉などで鼻粘膜が刺激されることで起こり、乳幼児の場合は鼻が詰まってミルクが飲めなくなったり、食事ができなくなったりすることも。

症状がうまく訴えられない乳幼児の場合、発症に気付けず悪化させてしまうことも少なくありません。

 

ではそんなアレルギー性鼻炎を発症してしまった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか?

今回はアレルギー性鼻炎の治療方法や対処法をまとめてみました。

 

アレルギー性鼻炎のおもな症状

風邪の初期症状とよく似ていて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがおもな症状となります。

子どものアレルギー性鼻炎の場合、成人に比べて鼻づまり型が多く、くしゃみ型が少ない傾向にあるようです。

また、目のかゆみや充血といった症状が強くあらわれます。

 

子どもの場合は合併症が多い

子どものアレルギー性鼻炎には、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などの合併症が起こることがあります。

ほかにも副鼻腔炎や扁桃肥大などが合併されることも多く、同時に治療が必要となる場合が多いようです。

 

アレルギー性鼻炎の治療方法

抗原の除去や回避、薬物療法、特異的免疫療法、手術などによって治療が行われます。

重症度や抗原の種類によって治療方法を選択します。

 

基本は抗原の除去と回避

基本的にはハウスダストの除去や花粉の回避、ペット抗原の除去といった自宅でできる対処法が中心になります。

 

掃除をこまめに行って室内を清潔に保ったり、ダニの繁殖や花粉の室内への持ち込みを防ぐことで、症状の緩和をはかります。

 

薬物療法はかならず医療機関に相談を

大人の場合は市販薬で症状を抑える人も多いですが、成人用の市販薬は子どもに適していない場合も少なくありません。

むやみに服用させず、薬物療法を行う場合はかならず耳鼻咽喉科で処方してもらった薬で行いましょう。

 

日常生活から症状の緩和と発症の予防を

普段から十分な睡眠を心がけ、バランスのよい食事をとるなど、健康的な生活を送ることである程度の予防や症状の緩和が可能です。

 

また、たばこの煙は鼻粘膜を刺激し、症状の悪化につながりますので、周囲の大人は禁煙を心がけましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: yuimaruさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アレルギー性鼻炎に関する記事

子どもでもつらい花粉症、アレルギー性鼻炎…悪化を防ぐためにできること

毎年、アレルギー性鼻炎(花粉症)に悩まされている人は、その時期がくると気分が...

アレルギー性鼻炎の体験談

アレルギーとペット。

実家でペットを飼っているのですが、次女がアレルギーらしき反応が出てしまいました。 もともと主人もア...

カラダノートひろば

アレルギー性鼻炎の関連カテゴリ

アレルギー性鼻炎の記事ランキング

アレルギー性鼻炎の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る