カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 合併症 >
  5. 腎症 >
  6. 糖尿病腎症の病期分類、eGFRと尿アルブミン値ってなに?

生活習慣病

糖尿病腎症の病期分類、eGFRと尿アルブミン値ってなに?

糖尿病の合併症には、さまざまなものがあります。

なかでも「糖尿病腎症」は糖尿病網膜症、糖尿病神経症と並んで糖尿病の三大合併症といわれています。

透析導入の原因疾患の第1位でもあります。

 

糖尿病腎症とは?

腎臓には、糸球体という尿をろ過するはたらきを持つ部分があります。

糸球体はひじょうに細かい血管の集まりです。

老廃物などの細かなものは尿中に排出し、タンパク質や赤血球、白血球などは大きいので血液中に戻ります。

 

しかし高血糖が続くと、糖分の多いドロドロ血管は、糸球体の細かな血管を傷つけて動脈硬化を起こします。

すると、糸球体のろ過機能は低下し、タンパク質などの大きなものも尿中に排出してしまうことになるのです。

 

体に必要なものも尿として排出してしまうと、体調は悪化します。

最悪、糸球体は尿が作れなくなり腎不全になってしまいます。

 

病期分類

糖尿病腎症はeGFRと尿アルブミン値という検査の値で、病期が5つの段階に分類されています。

 

第1期(腎症前期):尿アルブミン値30未満かつeGFR30以上

第2期(早期腎症期):尿アルブミン値30~299かつeGFR30以上

第3期(顕性腎症期):尿アルブミン値300以上または持続性蛋白尿0.5以上かつeGFR30以上

第4期(腎不全期):尿アルブミン値は問わず、eGFR30未満

第5期(透析療法期):透析療法中

 

※尿アルブミン値(mg/gCr)、尿蛋白値(g/gCr)、eGFR(ml/分/1.73m2)

 

eGFR

eGFRとは、糸球体がどのくらい老廃物を尿に送ることができているかの値です。

この値が低ければ低いほど、腎機能は低下しているということになります。

 

尿アルブミン値

尿の中の微量のアルブミン(タンパク質の一種)を、高感度の検査で見つけ出します。

糸球体が傷ついていればタンパク質は多く尿中に排出されるので、この値が大きければ大きいほど、腎機能は低下しているということになります。

 

腎不全になり透析治療を受けると、さまざまな制限が出てきます。

糖尿病腎症にならないように、日々の血糖コントロールにつとめましょう。

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎症に関する記事

腎不全のため日常生活が困難となった時?糖尿病の合併症で透析を始める時期

    糖尿病で透析をしなければいけなくなるのは、糖尿病においても最もひどい...

糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」とその治療法について

  糖尿病性腎症は血管から神経に栄養がいかなくなることで起きるものと考えら...


腎臓機能と高血圧はとても深い関係にある!高血圧によって起こる腎障害とは?

  高血圧は様々な合併症を引き起こす可能性があります。 合併症の中のひとつで...

危険!糖尿病と腎臓病は合併して起きるって本当?

  糖尿病は日本の国民病の一つです。 初期の糖尿病患者、糖尿病傾向者も含...

カラダノートひろば

腎症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る