カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 妊娠中は注意が必要!妊娠糖尿病の原因と予防法は?

生活習慣病

妊娠中は注意が必要!妊娠糖尿病の原因と予防法は?

じつは妊娠中は、ホルモンの関係で血糖値が上がりやすいです。

妊娠中はじめて血糖値の上昇が見られることを、妊娠糖尿病といいます。

 

妊娠中にはさまざまな体調の変化が起こるので、体調管理に気をつけたいですよね。

今回は、妊娠糖尿病について学んでいきましょう。

 

妊娠糖尿病の原因

血中のブドウ糖は、すい臓でつくられるインスリンのはたらきにより、筋肉や肝臓、脂肪組織などにとり込まれエネルギーとして利用されます。

その結果、血糖値が低下するという代謝が体の中で行われているのです。

 

しかし、妊娠すると胎盤でインスリンのはたらきを阻害するプロゲステロン、プロラクチン、コルチゾールなどのホルモンと、インスリンをこわす酵素がつくられるため、インスリンのはたらきは低下します。

 

胎児の成長にともない、妊婦が摂取すべきエネルギーは増えますが、インスリンのはたらきが追いつかないと高血糖になってしまうのです。

 

合併症

妊婦が高血糖になると、胎児にも影響が出てしまいます。

妊娠糖尿病の合併症は以下です。

 

妊婦:妊娠高血圧症候群、羊水量の異常、肩甲難産、網膜症、腎症など

胎児:流産、形態異常、巨大児、心臓の肥大、低血糖、多血症、電解質異常、黄疸、胎児死亡など

 

妊娠糖尿病の予防

とくに以下の特徴が当てはまる人は注意が必要です。

 

・家族(特に両親、祖父母)が糖尿病

・妊娠中に過度の体重増加がある

・肥満

・高齢(35歳以上)での妊娠

・強度の尿糖陽性

・巨大児や過剰発育児の分娩経験がある

・妊娠高血圧症候群、羊水過多症の経験がある

 

食事に気をつけよう

妊娠中は、時期によって摂取すべきカロリーの量が異なってきます。

普段の必要カロリーに、以下のカロリーをプラスした範囲内におさまるように食事をしましょう。

 

・妊娠初期(16週未満):+50kcal

・妊娠中期(16~28週未満):+250kcal

・妊娠後期(28週以降):+450kcal

・授乳期:+350kcal

 

カロリーを守りながら、バランスのよい食事をとるようにしましょう。

 

注意しながら運動しよう

妊娠中は激しい運動はできませんが、ゆっくりと無理のない範囲でウォーキングなどのかるい運動をするだけでも、血糖値によい影響をあたえます。

 

血糖管理に気をつけて、母子ともに健康な妊娠ライフを送りましょう!

 

(Photo by:足成

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る