カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 高血糖の母体だと、赤ちゃんはキケン?!糖尿病母体児とは?

妊娠・出産

高血糖の母体だと、赤ちゃんはキケン?!糖尿病母体児とは?

妊娠中に初めて糖尿病と診断された場合、またはすでに糖尿病と診断された人が妊娠した場合、そのママから生まれた赤ちゃんを「糖尿病母体児」といいます。

 

高血糖のママから生まれた赤ちゃんには、実際どのような危険があるのでしょうか?

 

高血糖のママのお腹の中では

血糖値が高くなっているため、赤ちゃんにもへその緒を通してたくさんの糖が運ばれます。

赤ちゃんは自分の血糖値を正常に保つために、たくさんのインスリン(血糖を下げるホルモン)を分泌します。

 

赤ちゃんにどのようなことが起こるの?

・奇形・呼吸障害

体の器官を作っている時期に赤ちゃんが高血糖にさらされると、器官がうまく形成されず、先天奇形の原因になります。

 

同じく肺の成熟を遅らせる原因にもなり、生まれたあとうまく呼吸できない状態になりやすいです。

 

・巨大児

インスリンは体を大きくする作用があります。

たくさんのインスリンを分泌している赤ちゃんは、普通より大きく育ってしまいます。

 

・低血糖

出生後、お母さんからもらっていた糖が急に運ばれなくなります。

赤ちゃん自身のインスリン分泌は止まりませんので、赤ちゃんの体は血糖を下げる一方で、低血糖になってしまいます。

 

その他にも流産の原因になったり、胎児の発育が遅かったり、生まれてから黄疸がでやすかったり、さまざまな合併症があります。

 

さらに学童期や思春期においても、肥満傾向だったり、実際に糖尿病になってしまうこともあります。

 

妊娠中に糖尿病にならないためには?

妊娠中は、胎盤からインスリンのはたらきを抑えるホルモンが分泌されたり、インスリンを壊す酵素が作られるため、インスリンが効きにくい状態になり、高血糖になりやすくなります。

 

妊娠糖尿病(妊娠中に初めて糖尿病を発症すること)にならないためには、普段からバランスのよい食生活、適度な運動を心がけるようにしましょう。

それだけでも予防になります。

 

 

糖尿病を持病に持つ方も、血糖値のコントロールがよければ安全に妊娠、出産することも可能です。

その場合は、必ず医師と相談しながら計画的に妊娠しましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

妊娠中の喘息はどう対処する?胎児への影響はあるの?

喘息(ぜんそく)持ちの場合、妊娠中や出産時に発作が起きたらどうしよう、薬は飲んで...

妊娠・出産でまさかの痔!予防にウォシュレットを使うときに気をつけたい4つのポイント

妊娠中や出産後に痔になる女性は多いもの。一度痔になるとなかなか治らないためとって...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る