カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 合併症 >
  5. 心臓 >
  6. 突然、心筋梗塞になることもある!?高血圧によって起こる心臓病

生活習慣病

突然、心筋梗塞になることもある!?高血圧によって起こる心臓病

 

 

■高血圧によって起こる血管病で脳卒中に並んで危険なのが心臓病です。


心筋梗塞などいきなり起こっては、脳卒中と同じく命の危険があります。
心臓が命の象徴としてイメージされているとおり、心臓の疾患は命に直結した疾患となるのです。


心臓は筋肉の塊であり、大量の酸素を消費しながらも、体中に血管を通して酸素を送り続けるポンプとなっています。
高血圧となるとその負担は心臓にもおよび、心臓が肥大化したり、心臓の冠状動脈が狭くなったり硬くなったりしてしまうのです。
そして、心臓の血流が止まってしまっては当然心臓も酸素不足で壊死をします。
心筋梗塞になってしまってはすぐに病院で血管を広げなければ死んでしまうでしょう。

通常ならば心筋梗塞になる前に狭心症を発症するのですが、中には突然心筋梗塞を発症する場合もあるので、注意が必要です。

 


■突然の心筋梗塞


1.高血圧により冠状動脈が硬く狭くなり血栓ができやすくなる
2.冠状動脈が詰まり心臓への血流が止まる
●本来なら1と2の間に冠状動脈が狭くなったことによる狭心症が発症する
●狭心症が発症しない突然の心筋梗塞もある


■狭心症が起こるようになれば、その次に心筋梗塞が起こるリスクが高まっていることを認知するきっかけとなってくれるのですが、突然の心筋梗塞ではそれも構いません。


勿論狭心症すら発症させないように、普段から高血圧対策を万全にしておくことが、一番安心な予防対策でしょう。

 

 

(Photo by [//pro.foto.ne.jp/free/product_info.php

/cPath/21_28_68/products_id/3915])

著者: nobuさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

高血圧の人は要注意!大動脈瘤と大動脈解離!危険な大動脈の動脈硬化とは?

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 合併症
  4. 心臓

  大動脈瘤(りゅう)や大動脈解離(かいり)といった病名聞いたことがありますか? どちらも放置すると...

オススメ検索ワード

心臓に関する記事

高血圧から起こる心臓肥大ってなに?心臓肥大が引き起こす悪影響

  定期的な健康診断や、成人病検診などで、胸部のX線検査を行うことがあります。そ...

日本人の脳卒中と心筋梗塞の原因とは?高血圧による病気について

    ■日本人の脳卒中に罹るリスクはかつて非常に高いものでした。そして...


高血圧だとリスクが上がる!増加傾向にある心臓肥大について

  高血圧は非常によく知られている生活習慣病です。高齢になるとそれだけで、全身の...

心臓肥大による心不全

    ■人の身体には、本当に隅から隅まで血管が張り巡らされています。そ...

カラダノートひろば

心臓の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る