カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 4~7ヵ月 >
  5. 環境・リズム >
  6. 朝は赤ちゃんが自然に起きるのを待つべき?生後4か月頃からは起こそう

育児・子供の病気

朝は赤ちゃんが自然に起きるのを待つべき?生後4か月頃からは起こそう

赤ちゃんも順調に育ってきて、そろそろ赤ちゃんの生活リズムを整えよう!と考えたとき、朝は起こすべき?それとも自然に起きるのを待つべき?と悩んでしまいますよね。

忙しい朝には、できれば赤ちゃんには寝ていてほしいな…と考えがちですが、生後4か月頃からはきちんと起こしてあげるべきなのです。

 

朝日が大事!

朝は、7時にはカーテンを開けて朝日を部屋に取り入れてください。

朝の太陽の光は、体内時計をリセットしてくれる大切な役割があります。

朝と夜の区別をしっかりとさせてあげてください。

 

日中のぐずりも減る!?

朝にしっかりと太陽の光を感じて起きることで、ホルモンバランスも整うといわれています。

日中のぐずぐずも減って、にこにこご機嫌な毎日になるかもしれません♪

夜も早く寝てくれるようになり、生活リズムが整います。

 

昼寝は昼寝と割り切って

朝きちんと7時に起きる習慣を身に付ければ、昼寝をしたとしても、夜はきちんと寝てくれます。

また、昼寝の時に、あえて部屋を暗くする必要はありません。

昼寝は昼寝なので、そのままのお部屋で(静かな環境というのは大切です)寝かせてあげましょう。 

 

レム睡眠とノンレム睡眠

眠りには2種類あります。レム睡眠という浅い眠りとノンレム睡眠という深い眠りです。

赤ちゃんを朝起こすときには、レム睡眠の時がいいでしょう。

ノンレム睡眠のときに起こすと、寝起きが悪くてぐずぐずがしばらく続いたりでママが大変になりますよ。

 

動いていたらチャンス

寝返りをうったり少しモゾモゾと動いている時は、レム睡眠状態の証拠です!

このときに赤ちゃんを起こしてあげると、ご機嫌な目覚めになるでしょう。 

 

ママの自由な時間のために

朝、7時に赤ちゃんに朝日を浴びせて目覚めさせることで、赤ちゃんの生活リズムが整います。その分、赤ちゃんは夜8~9時には寝てくれるようになり、ママは自由な時間を手に入れることができるのです。

 

朝はパパを送り出したり、洗濯をしたりと忙しくて、できれば赤ちゃんには寝ていてほしいですよね。でも、そこでしっかりと赤ちゃんの生活リズムを整えてあげれば、後々のママの生活がラクになりますよ!

 

赤ちゃんは、放っておけばそのまま10時11時まででも寝てしまいます。

朝7時になったらカーテンを開けてしっかりと起こす習慣を身に付けてあげましょう。

ただ、「やらなきゃ」と考えすぎずにママのペースでやることが大切です。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: katsuoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境・リズムに関する記事

夜泣きがいつもと違う・・考えられる病気とその対応

   授乳しても、あやしても激しく泣きつづけたり、夜泣きの仕方がいつもと何か違...

乳幼児が快適なお部屋の空気、冬の温度はどのくらい?

    冬は寒く、赤ちゃんが風邪をひかないようお部屋をあたためて過ごします。...

環境・リズムの体験談

生後4か月からひどい寝相

この時を迎えるまで赤ちゃんがこんなにも寝相が悪いなんて知りませんでした(笑) 寝返りを覚え始め...

ねんねトレーニングの失敗談と、オススメ書籍

娘が風邪をひいて、添乳で寝かせることが習慣になってしまい、このままじゃいかん!とねんねトレーニング(...

カラダノートひろば

環境・リズムの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る