カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. その他 >
  6. エアコンは使わずに自然の環境にするべき?赤ちゃんが快適に過ごせる環境とは

育児・子供の病気

エアコンは使わずに自然の環境にするべき?赤ちゃんが快適に過ごせる環境とは

赤ちゃんにエアコンはよくないと聞くことがありますよね。

でも、夏は毎日暑くてエアコンをつけないのはママが辛い…。赤ちゃんのためにはガマンするべきなのでしょうか?

 

赤ちゃんのからだのしくみ

赤ちゃん、とくに新生児期の赤ちゃんは体温調節がとても苦手なのです。自律神経が未熟で、放熱や発汗が上手にできません。

皮膚も薄くてとてもデリケートです。夏には汗であせもができやすく、冬には乾燥で皮膚トラブルが起きやすくなります。

 

そんなデリケートな赤ちゃんに適した環境をつくってあげることが大切なのです。

 

エアコンが悪いわけではない!

赤ちゃんにエアコンは良くないのでは?と思われるママもいるかと思いますが、産院などでは常時エアコンを使用していますよね。

大切なのは、使い方なのです。

 

上手なエアコンの使い方

寒すぎず、暑すぎない適度な温度を目指しましょう。ガマンをする必要はありません。夏場は特に、熱中症や脱水症にならないためにも上手にエアコンを活用してください。

 

直接風をあてない

エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらない場所に赤ちゃんを寝かせておくようにしましょう。

 

こまめに換気を

一日中締め切ってエアコンを付けていると空気が悪いので、2~3時間ごとに空気を入れ替えるために換気をしましょう。

 

快適に過ごせる環境を作るには

赤ちゃんはとてもデリケートです。赤ちゃんが快適に過ごせる環境づくりのためにエアコンを上手に使用しましょう。

 

夏の場合

夏場は、室温を26~28度になるようにしましょう。

最近は、熱帯夜も続くため、エアコンをつけたまま寝ることもあるかと思います。

これも、快適な温度を保っているなら問題ありません。

心配な場合は、タイマー機能を利用して数時間後に運転を止めるようにするなどして、部屋の温度を調節しましょう。

 

冬の場合

 冬場は、室温を22~23度になるようにしましょう。

また、空気が乾燥すると風邪などもひきやすくなるので、湿度にも注意してください。理想の湿度は60度です。

 

お部屋にいて、大人が寒いなと感じたときには、赤ちゃんにも薄手の上着を1枚着せてあげるなどして寒さ対策をしましょう。

 

 エアコンを使うことは、決して赤ちゃんにとって悪い事ではないのです。

むしろ、体温調節が苦手な赤ちゃんには快適な環境が必要なので、上手に使用することも必要です。

冷やし過ぎ、温め過ぎには注意してくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: katsuoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

もしかして、虐待??ちょっと気になる子を見つけたらどうする??

子どもの虐待に関わるニュースをテレビなどでよく見聞きしますよね。実は、虐待を受...

デジタルキッズへの大事なメッセージ…親が教えなければならないこと

今やインターネットやパソコンを子供が使いこなすのが当たり前となり、子供がイン...

その他の体験談

夜の授乳、生活のリズムになれずにイライラ

出産後から赤ちゃんのペースに合わせていると、生活のリズムが乱れます。 しかしながら、育児書やweb...

赤ちゃんのスキンケア必要?不要?

退院してすぐから気になる赤ちゃんのスキンケア。 何もしなくていいという説、3歳までが大事という説。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る