カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. その他 >
  5. 糖尿病のビッグデータから読みとれる人口、男女比、合併症、医療費は?

生活習慣病

糖尿病のビッグデータから読みとれる人口、男女比、合併症、医療費は?

現在、糖尿病の数は増え続けています。

日本人は遺伝的にインスリンの分泌が少ない人が多く、国民病といわれています。

 

そんな身近な糖尿病ですが、ビッグデータから何が読み取れるのか、いっしょに見ていきましょう!

 

糖尿病人口

厚生労働省の2012年国民健康・栄養調査では、糖尿病の人口は950万人でした。

前回の調査、2007年から60万人増加しています。

糖尿病予備軍は1100万人で、前回より220万人減少しています。

 

糖尿病、糖尿病予備軍の人口を合わせると2050万人で、国民の5人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍であるといえます。

 

そして、日本人の死因のトップはがんであり、糖尿病などの生活習慣病が大きく影響していると考えられています。

 

男女比

糖尿病の男女比は、厚生労働省の2013年国民健康・栄養調査では、「糖尿病が強く疑われるもの」のとして男性16.2%、女性9.2%でした。

 

男性の方が糖尿病患者が多いといえます。

理由としては、男性の方が内臓脂肪がたまりやすいということがあげられます。

女性は逆に、皮下脂肪がたまりやすいのです。

 

同じBMI値でも、男性の方が糖尿病の割合が高いことが最近の研究で明らかになっているそうです。

 

糖尿病合併症

糖尿病の合併症は、厚生労働省の2007年国民健康・栄養調査では、糖尿病神経症がもっとも多く11.8%、糖尿病腎症が11.1%、糖尿病網膜症が10.6%、足の壊疽(えそ)は0.7%です。

 

とくに糖尿病神経症、糖尿病腎症、糖尿病網膜症を合わせて3大合併症といいます。

糖尿病患者の多くが、なんらかの合併症にかかっているといえます。

 

医療費

2012年の糖尿病の医療費は、年間1兆2088億円になります。

これは、2011年の国民医療費39兆2000億円の約32分の1ということになります。

 

糖尿病になってしまったら、年間自己負担額は4~13万円、さらに糖尿病合併症になってしまうと自己負担額は10万円多くなってしまうそうです。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

糖尿病と食事~血糖値が上がりにくい玄米食

    糖尿病は遺伝や生活習慣などの種々の理由から糖の代謝異常が起き、血糖値が高...

胸や腹部、頭部など…糖尿病を発見する際の身体の観察ポイント!

     糖尿病において早期発見が大切です。今回は糖尿病の発見のポイントとさ...


日光浴で糖尿病改善効果がある?!ビタミンD摂取では再現できないメカニズムとは?

2014年11月号のDiabate誌に『マウスによる実験で、日光浴を行うことで...

糖尿病だけど飛行機でフライト!飛行機に乗るときに気をつけられること・できること

   糖尿病の人にとって、飛行機に乗って海外旅行に行くのはハードルが高いように...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る