カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 食生活 >
  6. 糖尿病に乳酸菌がいい?メカニズムを知って予防、改善しよう!

生活習慣病

糖尿病に乳酸菌がいい?メカニズムを知って予防、改善しよう!

乳酸菌は腸内の細菌バランスを整えて、体にさまざまなよい影響をあたえてくれます。

そんな乳酸菌が、実は糖尿病の予防や改善にもいいって知っていますか?

 

乳酸菌が糖尿病に効くメカニズムをお話します!

 

糖尿病とは?

まず最初に、糖尿病はどんな病気なのかご紹介します。

 

ブドウ糖は腸から吸収され、血液中にとり込まれます。

血液中にブドウ糖があると、すい臓からインスリンが分泌され、ブドウ糖を筋肉や肝臓の細胞組織にとり込むようにはたらきます。

細胞はとり込まれたブドウ糖を、エネルギーとして使用しているのです。

 

糖尿病は、なんらかの原因によりすい臓から分泌されるインスリンの作用が不足します。

そのため血液中にブドウ糖が余ってしまい、血糖値が慢性的に高く、尿中にもブドウ糖が排出されてしまう特有の糖質代謝異常を引き起こします。

 

乳酸菌が糖尿病によいメカニズム

腸内には、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ存在しています。

善玉菌が多く悪玉菌が少ないと、腸のはたらきはよくなり、健康的なお通じになります。

逆に、悪玉菌が多く善玉菌が少なくなると、腸のはたらきは悪くなり、下痢にや便秘になります。

 

悪玉菌が多くなるのは、高カロリーや高脂肪の食事が原因ともいわれています。

悪玉菌は、脂肪を食べて増えてしまいます。

そうすると腸内のはたらきは悪くなり、ブドウ糖も正常に吸収できなくなってしまいます。

ブドウ糖が正常に吸収されなければ、すい臓でのインスリンの分泌もにぶってしまい、糖尿病につながるといわれています。

 

善玉菌が多ければ、腸のブドウ糖の吸収と同時にすい臓でインスリンが分泌されます。

 

乳酸菌で糖尿病を予防、改善しよう

前述のように、腸内細菌のバランスがよくなればインスリンの分泌もよくなります。

それが糖尿病の予防、改善につながると考えられます。

 

腸内細菌のバランスが手軽に整えられるのは、なんといっても乳酸菌です。

乳酸菌はヨーグルト、チーズ、ぬか漬け、キムチ、塩こうじなどに多く含まれています。

食事にとり入れてみてはいかがでしょうか?

 

高血圧や糖尿病で、高脂肪や塩分の高いものはちょっと…という人は、市販の乳酸菌サプリを飲むというのもひとつの手です。

 

自分のできる方法で乳酸菌をとって、糖尿病を予防と改善していきましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食生活に関する記事

糖尿病予備軍の人が糖尿病を回避するには?生活の「ちょっと変え」で糖尿病回避!

   生活習慣病の糖尿病はいきなり健康な人がなる病気ではありません。 毎日の...

氷酢たまねぎってどんな健康効果がある?暖かくなってくる季節は新玉ねぎを使ってみよう!

お酢や玉ねぎが体にいいことは知っている人が多いでしょうが、それを毎日、摂ると...


糖尿病、糖尿病予備軍は必見!にがうり(ゴーヤ)は糖尿病に効く○○な成分がたっぷり!

  にがうりは夏野菜の代表として、夏バテに効果があると言われますが、生活習慣病で...

α-グルコシターゼ阻害剤の代わりとなりえる?特定保健用食品の『豆鼓エキス』

近年、血糖値の上昇を緩やかにする作用があるとして話題となっている特定保健用食品...

カラダノートひろば

食生活の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る