カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 治療 >
  5. 糖尿病との関係…!肥満症手術で2型糖尿病が治る?!

生活習慣病

糖尿病との関係…!肥満症手術で2型糖尿病が治る?!

糖尿病は、慢性的な病気と知られています。

ですが、糖尿病の手術については、意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

 

2型糖尿病の種類

2型糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンのはたらきの低下(インスリンの作用不足)が原因で起こります。

 

その原因は、2種類に分けられます。

ひとつは、すい臓のはたらきが弱くなり、インスリンの分泌量が低下するためです。

もうひとつは、体の中の組織がインスリンに対して鈍感になり、インスリン分泌量は正常なのにインスリンが効きにくくなるためです。

 

肥満になると、なぜ糖尿病になりやすい?

2型糖尿病は、食生活の乱れや運動不足などの生活習慣が原因で発症することがほとんどです。

 

肥満になると、筋肉などの組織に脂肪がたまり、インスリン受容体が減少します。

そのためインスリン感受性が低下し、インスリンが効きにくい状態になります。

 

そうなると、血糖を抑制する作用が弱くなり、血糖値が高くなって糖尿病になります。

 

肥満症手術をすれば、糖尿病はよくなる?

肥満症に対する手術は、吸収するカロリーを減らすことが目的で行われます。

つまり、食事摂取量を少なくさせる、あるいは摂取した食事の中から吸収されるカロリーを少なくするような手術がなされます。

 

もっとも多いのは胃バイパス手術

胃から分泌されるホルモンのグレリンは、空腹であることを知らせる役割をしていますが、胃バイパス手術にてグレリンの値も低下します。

つまり空腹感が減り、食べる量が減ります。

 

そして、胃バイパス手術を行うことで、小腸に食べ物や消化管からの分泌液がすばやく届き、それらが血糖値を下げるホルモンの分泌をうながすことが知られています。

 

一日の食物摂取量も減り、ダイエットできるだけではありません。

インスリン受容体も増え、全身のブドウ糖保持量も上昇し、それによりインスリン感受性も改善するのです。

 

手術療法において、体重減少やインスリン感受性は改善し、脂質代謝の改善や血圧低下の効果もみられ、血糖コントロールはさらに良好になるといえます。

 

しかし、糖尿病が治るというよりは、血糖コントロールがよくなるといったほうがよいでしょう。

手術療法以外にも、運動療法などをとり入れたりして血糖コントロールをよい状態に保つために、日常生活の見直しも必要になってきます。

 

(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

妊娠中の糖尿病治療!妊娠前と何が違う?注射による治療と経口治療について

糖尿病になる可能性は妊娠中にもあります。妊娠中に糖尿病になってしまった場合、...

糖尿病治療での血糖コントロールの変化とは?厳密すぎる血糖コントロールは死亡の可能性がある

 糖尿病治療と言えば、厳密な血糖コントロールでした。ですがここ数年で、それが緩や...


糖尿病患者は断食をしてもいい?してはダメ?断食に伴うリスクを知っておこう

   糖尿病患者の方は、ダイエットが課題になっている方も多いでしょう。ダイエッ...

一生続けなければ意味がない、糖尿病治療!画期的な新薬「DDR-4阻害剤」知ってますか?

  糖尿病を甘く見ているととんでもないことになる理由のひとつが、 その治療費で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る