カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 原因 >
  4. その頭痛、もしかしたら脳出血や脳血管障害かも!?頭痛の原因と正しい対処法は?

頭痛

その頭痛、もしかしたら脳出血や脳血管障害かも!?頭痛の原因と正しい対処法は?

ゴルフをする人はゴルフ頭痛というのを聞いたことはないでしょうか?

ゴルフに代表されるというだけであって、ゴルフ以外のスポーツなどでも起こるものですが、この頭痛はちょっと危険な頭痛です。

 

今回は、本当は怖い「ゴルフで首を痛めた」について、その「首の痛み」の正体についてまとめました。

 

ゴルフ頭痛、椎骨動脈解離

脳は多くの血液を必要とし、そのため脳に血液を送るのに太い血管があります。

この重要な血管は全部で4本あり、前側を通る2本の頸動脈に、後ろ側を通る2本の頸骨動脈があります。

 

まずは「動脈解離」を説明します。

動脈の壁は3層からなっており、内側から内膜、中膜、外膜の3層構造です。このうち、内膜に傷がついて血管の壁に血液が入り込んでいき、血管が裂ける現象のことを動脈解離と言います。

 

そして「頸骨動脈解離」とは、この動脈解離が頸骨動脈で起きるということです。

動脈解離は全身の血管どこでも起こるものですが、頭部付近ではこの頸骨動脈で最も起こりやすいです。

 

原因はゴルフのスイング!?

こうした血管が裂けるという現象が、ゴルフなどのスポーツをきっかけにして起こることがあります。

 

・ゴルフなら、思いっきりスイングをした後

・バレーボールでアタックをした後

・肩車をした子どもをおろそうとしたとき

 などがあります。

 

またスポーツだけではなく、

 

・交通事故

・くしゃみや咳をした瞬間

・急激な血圧変化

 なども原因となることがあります。

 

どんな症状が出る?

頸骨動脈解離が起こるとどんな症状がみられるのでしょうか?

 

>突然の激しい頭痛

スイングをしたのと同時に、突然後頭部に激痛が走ります。

 

>その後も続く頭痛

最初の頭痛のときに適切な治療を受け、軽度の頭痛でとどまることもあります。

一方で血管が裂ける場所や程度によっては、そのまま頭痛が続くこともあります。

これは徐々に裂け目が大きくなっていっているものと考えられます。

 

>脳梗塞

避ける場所が悪かったり、程度が大きかったりすると、血管が詰まり脳に血液を送れなくなることがあります。

あるいは、はがれた場所から血の固まりが血管の中を移動していき、末梢の細い血管がつまったりして、脳梗塞が起こることもあります。

 

>くも膜下出血

血管の壁が外側まで避けてしまうと、血管の外に血液が漏れ出てしまいます。

これによって起こることがあるのがくも膜下出血で、激しい頭痛や意識障害が起き、死亡することもあります。

 

それは筋肉の痛みではないかも…

急に首をひねった場合、それが筋肉や筋を痛めたものと勘違いするかもしれません。そうなると危険な頭痛を放っておくことになります。

 

症状が重ければ放っておいたことで、後遺症が残ることもありますし、場合によっては死亡することもあります。

ゴルフなどをしている方は、よく知っておく必要がありますね。

 

むち打ちで起こるのは首の症状だけじゃない!肩こり・頭痛…むち打ちからくる症状とは?

交通事故や衝突の多いスポーツなどで「むち打ち」がよく見られます。むち打ちというのは、大きな衝撃によって首から頭部にかけて問題が出ることを言います。

 

むち打ちとはこんなもの

むち打ちというのは、追突事故などによって首や頭部がガクンと衝撃を受けることです。それによって、なんだか首周りの筋肉がこわばっているような気がするというような症状を自覚します。

こうしたむち打ちを経験した人というのは、首周りに不調を抱えやすくなります。そのため、むち打ちを経験した後に首周りに問題を感じると、ちょっと心配になるという人も多いでしょう。

 

むち打ちで首周りに問題が?

ではむち打ちでどんな問題が生じるのでしょうか?

実際むち打ちを経験した人というのは、首周りに問題を抱えやすくなり、後々症状が出てくることがあります。具体的には以下のような「むち打ち症状」が見られることがあります。

 

・首周りのこわばりや不快感

・肩こりの悪化

・可動範囲が狭くなる

・首の痛み

・肩や腕まで広がる痛み

・頭痛(場所は様々)

 

後々こうした症状が出てくるため、衝撃を受けた直後に大丈夫だったからといって、油断はできません。

 

こうした症状は首に衝撃を受けることによって、首の組織を痛めることで起きます。

組織が損傷したり、炎症を起こしたりすることによって痛みの物質が出ると、筋肉が必要以上にかたくなってしまいます。そうすると血行不良が起きやすくなるので、頭痛なども起きやすくなるのです。

また、痛みの物質がときに腕へ出され、手の力が入らなくなったり、ピリピリと麻痺した感覚が残ったりもします。

 

きちんと病院で治療を

むち打ちの治療は病院やカイロプラクティックできちんと治療を受けられます。逆にきちんと治療を受けても後遺症が残り、治療を続けていかなければならないこともあります。

いずれにしても放っておいて治るというものではありませんので、むち打ちを生じるような衝撃を受けたら、すぐに病院に行くべきでしょう。

 

頭の左側だけが痛むのはなぜ?群発頭痛や脳血管障害などの考えられる原因

頭全体ではなく、左側だけが痛む場合にはいくつかの原因が考えられます。どのようなケースがあるか、説明します。

 

適切な対処が必要だが、命には関わらない病気

・群発頭痛

10~50代の男性に多い頭痛です。ほとんどは10~20代で発症します。アルコール摂取が引き金で痛むことがあるので、禁酒が欠かせません。かなり激しく痛むのが特徴で、15~30分持続します。毎日決まった時間帯に頭痛が起こり、数週間から数ヶ月続くでしょう。

 

・片頭痛

20~40代の女性に多い片頭痛は、血行不良、ストレス、チョコレートやアルコールなどの飲食物が原因で生じるケースがあります。左側に限らず、頭の一部分だけが脈を打つようにズキズキ痛みます。側頭部以外では、コメカミや額のあたりも痛む人がいるようです。数時間から数日、酷い場合は1週間ほど痛みが継続します。

 

早急に受診が必要な病気

・脳血管障害

最も深刻な事態が心配されるのが、脳血管障害による頭痛です。具体的には、脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血などです。頭の左右どちら側、または後頭部にかけて痛みます。殴られたように強い痛みを感じるでしょう。視野が狭くなる、上手く歩けない、ろれつが回らない、手足がしびれるなどの症状もあれば、要注意です。偏頭痛でも体がしびれる場合があります。偏頭痛によるしびれは手足など末端部分に限られていることが多いでしょう。一方、脳血管障害では左半身全体、または右半身全体にしびれが出ます。

 

脳血管障害は最悪の場合、死に至ります。後遺症が残る可能性が高い病気でもあります。偏頭痛などと区別するのは難しいので、前兆と疑われる症状があれば、一刻も早く病院へ行ってください。

 

しびれなど付随症状が無くても、頭痛が続くようなら受診をおすすめします。

 

右側だけに現れる頭痛の原因って何?水毒症によって起こる症状

頭痛の症状にはいくつかあり、痛む箇所もそれぞれです。ここでは、頭全体が痛むのではなく右側だけが痛むケースを取り上げます。右側だけが痛む頭痛は、漢方医学において「水毒症」が原因だと考えられています。

 

水毒症と頭痛についてまとめました。

 

水毒症とは?

体内に余分な水が溜まり、排出されない状態を指します。西洋医学における「水中毒」(水の過剰摂取)とは別に考えます。

 

水毒症によって起こる症状

頭の右側が痛むほか、冷え・むくみ・ぜん息・鼻炎・倦怠感・アトピー・めまいなどの症状も、水毒症特有です。頭痛以外にこれらの症状があれば、水毒症かもしれません。

 

水毒症は、体内に水分が溜まっている状態です。水分摂取量に対して排尿量・回数が少ない人は、水毒症の可能性があります。腹部を軽く叩くと、「チャポチャポ」「タプタプ」と音がすることも。

 

水毒症の原因

単純に水分を摂りすぎているケースのほか、水分代謝が上手くいかず、摂取した水分を排出できていないケースも考えられます。

 

体質としては、胃腸虚弱、冷え症の人が水毒症には多いようです。単なる水分よりも、アルコールや糖分が多い清涼飲料水の摂りすぎの方が水毒症のリスクが高まります。食べ物では、冷たいもの、甘いものが好物だと水毒症になりやすいといわれます。

 

水分代謝に限らず、全身の代謝が落ちていると水毒症になりやすいでしょう。運動不足で血行が悪いと代謝が不活発になり、水毒症にも注意が必要です。運動不足は冷えも招くので、大きな要因の1つといえます。

 

また、日本のように高温多湿の気候だと水分が排出されにくいという説があります。

 

頭の右側だけが痛む状態が続くなら、水毒症の可能性を考えて漢方医に相談してはいかがでしょうか。漢方薬による症状緩和のほか、生活習慣を見直して水毒症を改善するなどの対処法があります。

 

水分の摂りすぎは脳出血のもと??水分過多の頭痛の危険性

頭痛は様々な理由で引き起こされますが、その理由の一つが水分過多です。では、どうして水分過多で頭痛が引き起こされるのでしょうか。そして、こうした水分過多を防ぐためにどのような方法があるのでしょうか。

 

どうして水分過多が頭痛を引き起こす?

体が水分過多になる理由には2つあり、水分の過剰摂取と、尿や汗を通じた水分の排泄機能の低下があります。特に水分の過剰摂取については、様々なメディアを通じて、水分をしっかり補給することの必要性が叫ばれているせいか、意識的に水分をしっかり摂取している人が多いように見受けられます。

 

しかし、だからといって必要以上に水分を摂取していいというわけではありません。水分の摂りすぎは水毒症という病気も引き起こす可能性がありますし、頭痛の原因にもなるのです。

 

水分過多が引き起こしやすいのは偏頭痛

水分過多の場合、血液中の水分が過剰に増えてしまいます。その結果として増えた血液を送り出すために心臓はそのポンプ機能をより強め、結果として血圧が高くなります。血圧が高くなると脳内にある毛細血管などにもより強い圧力がかかり、これが結果として頭痛の原因となるのです。通常水分過多の頭痛は偏頭痛が多いと言われています。

 

水分過多による頭痛を解消するには食事から

水分過多による頭痛を解消する方法として水分摂取と食事を見直してみましょう。水分摂取量の目安は一日2リットル程度、そして、水分を適切に排出する代謝機能の改善には、にんじん・かぼちゃといった緑黄色野菜や紅茶・ショウガなどを食べることで体が温められ、代謝機能改善に役立ちます。

 

以上のように、頭痛の原因となりがちな水分過多は摂取水分量の調節と代謝機能の改善によって対応することが可能なのです。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

痛みの強さはどの程度?『簡単片頭痛チェック』!

  頭痛は誰にでも起こりうる、非常に一般的な症状です。具体的に原因がはっきりし...

その頭痛、精神的ストレスや身体的ストレスが原因かも?

イライラすると頭痛が起きるという人もいます。怒って起きる頭痛は片頭痛の一種で...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る