カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 周囲 >
  5. 妊娠報告は要注意!?タイミングとマナーを考えよう!

妊娠・出産

妊娠報告は要注意!?タイミングとマナーを考えよう!

夫婦

妊娠がわかったとき、悩んでしまうのが周囲への報告ですね。

タイミングを間違えると思わぬトラブルへ発展してしまうこともあります。

周りの人にも心から喜んでもらえるように、しっかりとマナーを守った報告をしましょう!

報告のタイミング

妊娠がわかったら、まずはパートナーへ報告します。

周りの人たちへの報告は、そのあとでパートナーと相談して決めるのがよいでしょう。

・家族、親族

両家の両親には、妊娠がわかった日から日をあけず報告するようにしましょう。

はやめに伝えておくことで、サポートをえられたり、アドバイスをもらえることができて安心です。

妊娠初期は不安なことも多いでしょうから、無理はせず、少しでも両親に頼りましょう。

・職場

妊娠は喜ばしいことですし、祝福してくれない人はいないはずです。

しかし、妊娠すると体の負担もかかるので、職場の人たちにはいつも以上に協力してもらうことになります。

その気持ちを忘れずに!

協力をあおぐためにも、とくにお世話になっている上司、仕事上でのパートナーやチームの人たちに対する直接の報告は大切です。

直接報告をしていれば、手助けも多くえられるでしょうし、急にあなたの分の仕事がまかされたときでも、気持ちよくひきうけてくれるでしょう。

・友人、知人

身内以外への妊娠の報告は、流産の可能性が低くなる安定期にするのが一般的です。

妊娠初期は少しでもストレスを少なくするために、安静に過ごしたいものです。

安定期に入って余裕ができてから報告しても大丈夫です。

「安定期に入るまで心配だった」ということを伝えれば、周りの人たちもわかってくれるでしょう。

報告のマナー

赤ちゃんを授かった喜びと幸せで、ついつい周りの人の気持ちに気がつけないこともあります。

周囲の人にも気持ちよく喜んでもらうためにも、周りへの気づかいを忘れないようにしましょう。

不妊治療にとりくんでいる人や、流産、死産の経験がある人などは「妊娠」という言葉に敏感になります。

・赤ちゃんがお母さんに選んでくれた

・予定外だった

・すぐに授かった

・お母さんになれて幸せだ

このような言葉は、知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまうかもしれません。

余計なことはおいておいて、報告はシンプルにするのがいちばんでしょう。

妊娠の報告は難しく、考えることも多いです。

しかし、きちんとした報告ができれば、必ず周囲の人は力になってくれます。

赤ちゃんが無事、多くの人に祝福されて産まれることができますように。

まずは、ご妊娠おめでとうございます!

(Photo by:足成

著者: まっしゅぅさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

周囲に関する記事

妊娠中のマタニティーマークに気付いて優しい対応を

  マタニティーマークに気付いて優しい対応を       皆さんは「マ...

周りに妊婦さんがいたら、あなたはどうしますか?

  周りに妊婦キーホルダーをつけている人がいた時、あなたはどうしますか? ...

周囲の体験談

妊娠初期に祖母の死

※ここではネガティブな内容が中心です。ご了承下さい。 写真は祖母が亡くなった頃に撮った写真です。 ...

ネットの情報はほどほどに。

インターネット。 今まではとても便利に使ってました。分からないことがあればネットで調べる、こう...

カラダノートひろば

周囲の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る