カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 子どもが疲れやすい…もしかして肺静脈弁狭窄症かも?!

育児・子供の病気

子どもが疲れやすい…もしかして肺静脈弁狭窄症かも?!

赤ちゃんの先天的な心臓異常のひとつである、肺動脈弁狭窄症(はいどうみゃくべんきょうさくしょう)は生まれてすぐには気づかず、成長してからわかることも多いです。

 

子どもが疲れやすい、運動すると呼吸がおかしいという場合は、肺静脈弁狭窄症かもしれません。

 

心臓のはたらき

心臓は、全身の血管に血液を送るポンプの役割をしています。

大きさは、その人のにぎりこぶしより少し大きいくらいです。

ほとんどが筋肉でできていて、胸の中心よりやや左側にあります。

 

心臓の内部は、4つの部屋と4つの弁でできています。

上側にある2つの部屋は心房(しんぼう)と呼ばれ、血液が入ってくる場所です。

下側にある2つの部屋は心室(しんしつ)と呼ばれ、血液を送り出すはたらきをしています。

 

心房と心室は、それぞれ左右に分かれています。

右心房、右心室が、全身から送り込まれた静脈血を肺に送り込みます。

左心房、左心室が、肺から送り込まれた血液を全身に送り出すはたらきをしています。

 

肺動脈弁狭窄とは?

肺動脈弁狭窄とは、右心室から肺に血液が流れるときに開く、肺動脈の弁が生まれつきせまくなっていることです。

 

ほとんどの場合、弁の狭窄は軽度から中等度です。

肺動脈弁狭窄症の場合、右心室は弁を通して血液を押し出すため、普通より高い圧力をかけなくてはなりません。

 

狭窄の程度が重いと右心室の圧力が増加し、それにもかかわらずほとんどの血液が肺に届かなくなります。

右心室の圧力が著しく高くなると、酸素にとぼしい血液は肺動脈の代わりに異常な経路(心房壁に開いた穴など)を通らざるを得なくなり、動脈血と静脈血が混ざってしまいます。

 

症状

心雑音が主な症状になります。

心臓が動かなくなったり、チアノーゼ(顔などが青くなる)が見られる場合もあります。

 

小児が大きくなってくると、通常は無意識に行えるはずの呼吸に努力が必要になります。

疲れやすくなるなど、中等度の呼吸困難の症状が出ることもあります。

 

新生児でチアノーゼを引き起こす場合は、重症なことが多いです。

 

注意点

軽症の場合は生活に支障はないので、治療は必要ありません。

中等度以上の場合は、運動や部活に制限がある場合もあります。

中等度から重症の場合は、手術が必要になりますので、医師とよく相談しましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他の子供の病気に関する記事

乳児期によくみられる接触性皮膚炎(おむつかぶれ)…痛みとかゆみがつらい!

みなさんは「接触性皮膚炎」という病気をご存知ですか? 一般的に「おむつかぶれ」...

子どもの肩こり解消のためにしておきたい"環境整備" 子ども自身でできるストレッチはこれだ!

子どもにも肩こりは見られ、肩こりから頭痛に発展して学校に行くのが大変な子もいま...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る