カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 赤ちゃんの低酸素血症で最も多い、ファロー四徴症の症状とは?

育児

赤ちゃんの低酸素血症で最も多い、ファロー四徴症の症状とは?

ファロー四徴症は赤ちゃんが低酸素血症をおこす病気の中で最も多いものです。

もし、子どもがファロー四徴症だったら?いざという時のためにファロー四徴症について知っておきましょう。

 

心臓の構造

心臓の内部は4つの部屋と4つの弁でできています。

右心房、右心室が全身から送り込まれた静脈血を肺に送り込みます。

左心房、左心室が肺から送り込まれた血液を全身に送り出すという働きをしています。

 

ファロー四徴症とは

ファロー四徴症は低酸素をおこす病気の中では最も頻度の高い心疾患です。

4つの特徴的な徴候があることからこう呼ばれています。

 

4つの特徴的な徴候は以下です。

・右心室と左心室の間の孔(心室中隔欠損)

・右心室から肺動脈が狭くなっている(肺動脈狭窄)

・右心室壁の肥厚(右室肥大)

・本来左心室から出ている大動脈が右心室と左心室の両方にまたがって出ている状態(大動脈騎乗)

 

肺に流れるはずの酸素が少ない静脈血が肺動脈狭窄と心室中隔欠損のため右心室から左心室を経由して大動脈へ流れ込んでしまいます。

 

本来なら、肺で酸素を含まれるはずの動脈血が酸素が少なくなってしまい、低酸素血症(チアノーゼ)が発生します。

 

ファロー四徴症の症状

乳幼児期に気づかれることが多い病気です。

主な症状は心雑音、チアノーゼ(唇などが青くなる)です。

チアノーゼは、はじめは泣き叫んだ時や運動時に限ってみられるますが、安静時にもみられるようになってきます。

他には運動時にしゃがみこんでしまうことや、太鼓バチ指という指先が大きくなる症状などがみられるます。

 

症状が重症になると、酸素を良くしようとして赤血球数が増加するため血液がドロドロになり、血栓症になってしまう場合があります。

 

ファロー四徴症の治療

ファロー四徴症では基本的には手術が行われることが多いです。

肺血流を増加させる姑息的手術、心室中隔欠損の閉鎖と、肺動脈狭窄の解除を行う根治手術があります。

肺血流を増加させる薬物療法が行われることもあります。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

原因は飲み物の回し飲み!?伝染性単核症と診断されたら…登園・登校はいつからOK?

伝染性単核症とは、EBウィルスという菌に感染することによって起き、咽頭炎・発熱...

乳幼児が結核と診断された!結核と診断されてから治療まで

もしも赤ちゃんが結核にかかってしまったら、どうすればよいのでしょうか?   少...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る