カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. 偏頭痛・緊張型・群発…3つの慢性頭痛 それぞれの特徴と適切な対処法とは?

頭痛

偏頭痛・緊張型・群発…3つの慢性頭痛 それぞれの特徴と適切な対処法とは?

頭痛と言ったときにどんな頭痛を思い浮かべますか?
日常的に頭痛がある人はそれを思い浮かべるでしょうし、脳梗塞などを思い浮かべる人もいるでしょう。
それぞれ思い浮かべるものが違うように、頭痛にはいろいろと種類があります。

今回は、偏頭痛・緊張型・群発…3つの慢性頭痛のそれぞれの特徴と適切な対処法についてまとめました。


3つの慢性頭痛

そもそも頭痛というのは大きく3つに大別することができます。

 

・二日酔いや風邪などで起こる、「日常的な頭痛」

・原因疾患のない繰り返し起こる、「慢性頭痛」

・くも膜下出血など病気が原因で起こる「病気に伴う頭痛」
 これらの3つです。

 

今回ここでは、2つ目の慢性頭痛について書いていこうと思います。
この慢性頭痛もさらに3つの種類に大別することができます。
それが「偏頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つです。

 

それぞれの慢性頭痛の特徴

3つの慢性頭痛はそれぞれどのような特徴を持っているでしょうか?

 

・偏頭痛

片頭痛とも書き、頭の片側にだけ痛みが起こると考える人もいますが、偏頭痛は頭の両側にも起こります。
痛みが「ズキンズキン」「ガンガン」と脈打つように感じるのが特徴で、女性に多く見られます。

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は脳の血管が拡張することで、血管の周囲の三叉神経を刺激することです。
その刺激によって炎症物質が生じ、さらに血管を拡張させるという悪循環が生じて、頭痛が起きます。

 

偏頭痛の対処法

血管が拡張することが原因ですので、その血管を収縮させてあげることが対処法になります。

 

・緊張型頭痛

緊張型頭痛は同じような痛みが毎日のように起こります。
頭痛以外の症状として、めまいや肩・首の凝りを伴うことがあるのも特徴です。

緊張型頭痛の原因

緊張型頭痛は、頭の横の筋肉、肩や首の筋肉が緊張することで起こります。
筋肉が緊張することで血流が悪くなるため、筋肉の中に老廃物がたまり、その周りの神経が刺激されて痛みが起こるのです。

 

緊張型頭痛の対処法

筋肉が緊張し、血管が収縮することで起こりますので、偏頭痛とは反対に血管を拡張させることが有効です。

 

・群発頭痛

群発頭痛は偏頭痛などよりも回数が多く、症状が多いです。
ある期間に頭痛が集中して起こり、比較的男性に多く見られます。
目の奥がえぐられるような痛みが特徴です。

群発頭痛の原因

群発頭痛が発症するメカニズムは解明されていません。

ただ、偏頭痛のように血管の拡張が関係しているものと考えられています。
特に目の後ろの血管が拡張するので、目の奥の痛みがあるとされています。

 

群発頭痛の対処法

群発頭痛の場合、病院で治療を受けるのがベストです。
群発頭痛は他の慢性頭痛に比べて患者さんの数が少ないため、病院で正しく診断されないこともあります。

 

混合型頭痛の人もいる

片頭痛には女性の患者さんが多いですが、同時に偏頭痛と緊張型頭痛を併せ持つ、混合型という頭痛も女性が多いです。

一言で慢性頭痛と言っても、その特徴は様々です。
きちんと原因に則した対処法を考えたいですね。
 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

何が原因で頭痛が起こる?原因(きっかけ)から考えられる頭痛の3タイプ

あなたの頭痛は何が原因で起こりますか?わかりやすいのはパソコンの使い過ぎや疲...

子どもの慢性頭痛

子どもにも頭痛は見られます。大人と同じように、子どもの慢性頭痛もその多くが片...


親知らずが頭痛を引き起こしてしまう理由って?

親知らずは思春期から20歳くらいまでに一番奥に生えてきます。誰にでも生えるわけ...

冷たいものを食べたときに起こる頭痛を予防&すぐに解消するには?

   冷たいものを食べたときに、頭痛が起こることがあります。この頭痛はアイスク...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る