カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 乳歯は虫歯になりやすい?虫歯の進行を妨げるために親ができること

育児・子供の病気

乳歯は虫歯になりやすい?虫歯の進行を妨げるために親ができること

乳幼児の1歳6ヶ月健診や3歳健診の時には、歯医者さんが歯をみてくれます。その時「虫歯ですね」と言われ、「毎日歯みがきをしているのに……」とショックを受けたことのあるお母さんも多いのではないでしょうか。

 

よく「乳歯は虫歯になりやすい」などと言われたりしますが、なぜなのでしょうか。

ここではなぜ乳歯は虫歯になりやすいのか、その原因と予防法を調べてみました。

 

乳歯が虫歯になりやすい理由

歯の中心部には神経があり、神経を包むように象牙質があり、そして一番外側は硬いエナメル質という物質におおわれています。

 

このエナメル質が、乳歯では永久歯の半分の厚さしかないため、虫歯になると早く進行してしまいます。

これが乳歯は虫歯になりやすい、といわれる理由です。

 

虫歯の進行を妨げるには

エナメル質の虫歯は再石灰化(食事のたびに酸で歯が溶けるが、十分な唾液の分泌によりエナメル質が再生する現象)で治る可能性が高いため、再石灰化を十分にくり返させることで虫歯の進行を防げます。

 

神経まで到達してしまった虫歯は神経の治療をしなければならないため、完治までには時間がかかります。

負担も大きいですし、虫歯はエナメル質までで留めておきたいところです。

 

それでは歯の再石灰化を十分にさせるにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

 

虫歯を作らないためにできること

生活習慣の見直し

再石灰化は食事と食事の間に起こります。そのためだらだらと食べ続けると再石灰化する間もなく歯が酸で溶けつづけ、虫歯になってしまいます。

食事、おやつは時間を決めてあげるように心がけましょう。

 

特に甘いジュースなどを常にあげている状態は危険ですので、ジュースをあげすぎないように、お茶や水をよく飲ませるようにします。

 

仕上げ磨きは小学校高学年ぐらいまで

毎日の歯磨きももちろん重要です。

お母さんが歯を磨いてあげる「仕上げ磨き」、この習慣はお子さんが自分で歯を磨けるようになっても、できれば小学校高学年ぐらいまでは続けてあげてください。子供は案外磨き残しが多いものです。

 

乳歯の虫歯はやがて生える永久歯にも影響してきます。

歯磨きとおやつの間隔に気を配り、なるべく防いでいきたいですね。

それでも虫歯ができた場合は、早めに歯医者さんに相談してくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

歯科衛生士が伝授!びっくりするほどすんなりと歯磨きをさせてくれるようになる意外な方法

子どもの毎日の歯磨き、苦労していませんか? 子供のために一生懸命歯磨きをしよう...

これだけ知っておけば大丈夫!4つの虫歯の原因とその対策

ちゃんと磨いているのに虫歯ができてしまった・・という経験、大人でもありますよね...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る