カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 歯磨き剤はいつごろから・どんなものを使う?キシリトールを使ってもOK?

育児・子供の病気

歯磨き剤はいつごろから・どんなものを使う?キシリトールを使ってもOK?

個人差はありますが、大体離乳食を始める生後6ヶ月ごろから乳歯が生えてきます。ちょこんと小さな歯が2本並んでいるのはかわいいですね。

 

そしてちょうどそのころから親は歯みがきケアを始めていくわけですが、ここで疑問が出てきます。

それは、歯みがき剤を使うかどうかということです。 

歯みがき剤はいつから使用したらよいのでしょう?

 

歯みがき剤は赤ちゃんがうがいできるようになってからの使用でOK

乳歯が生えたてのころはガーゼや綿棒で歯を拭いてあげて、お口の中に指が入ってくることに慣れさせます。

どんどん歯が成長し、また生えそろってきたら乳児用歯ブラシで優しく磨いてあげましょう。

 

その際、歯みがき剤は使用しなくてよいです。うがいができるころ、だいたい2歳過ぎになったら使用しましょう。

 

うがいができないうちは、親が拭き取ってあげましょう

市販の歯みがき剤で0歳代から使えるものも数多く売られています。

もちろんこうした歯みがき剤を使うのもいいのですが、0~1歳の間は教えてもうがいが上手くできませんので、使用したあとはママがガーゼで拭き取ってあげましょう。

 

キシリトールは虫歯予防に有効?

「お子様の歯にいい」などのうたい文句でキシリトール入りのお菓子やガムなどが売られているのを目にしたことのあるママも多いでしょう。

 

「3歳未満の乳幼児には与えるべきではない」という意見もありますが、キシリトールの摂取は実際虫歯予防に有効なので、3歳未満のお子様でも適度に与えればいいのではないかと思います。

 

キシリトール入り商品を選ぶときのポイント

キシリトール入りの商品を購入する際は、「特定保健用食品」マークか「歯に信頼」マーク(歯の上に傘が乗っているマーク)がついた商品を選ぶと安心です。

 

ただし歯みがきを十分にしていない、ジュースや甘いお菓子などの間食を、時間を決めずにだらだら摂っている、などの場合はせっかくのキシリトールの効果が十分に発揮できませんので、注意しましょう。

 

市販されている大抵のキシリトール商品は離乳食の完了する1歳半ごろから使用できます。

歯みがき剤はいつから使う?まとめ

まとめますと、

・乳児の歯みがきでは歯みがき剤は使用しなくてもよい(使用する場合はガーゼで拭き取る)

・キシリトールを与えるのは1歳半ごろから

 ということになります。

こわ~い虫歯。子どもの歯みがきはなるべく毎日行ってあげましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

もし虫歯になってしまったら・・子どもを歯医者に行かせる対処法

虫歯は虫歯菌の量、歯の質や唾液の量によって人それぞれ虫歯になりやすさが異なり...

虫歯撃退!虫歯対策は乳歯のころから始めよう!子どもの歯を磨くときのポイント

子供が虫歯になって痛がっていたりすると、とてもかわいそうですよね。 子どもが虫...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る