カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 巨大児 >
  6. 巨大児ってなに?普通に出産できるの?大きな赤ちゃんの特徴と注意点

育児・子供の病気

巨大児ってなに?普通に出産できるの?大きな赤ちゃんの特徴と注意点

  

待ちに待った出産!生まれた赤ちゃんが小さいと、少し不安にもなりますよね。

ですが、大きすぎても、出産などに影響も出て問題があるのです。

赤ちゃんが大きく成長し過ぎてしまう、「巨大児」について簡単にまとめてみました。

 

巨大児とは

出生体重が4000グラム以上の新生児のことをいいます。

出産予定日を超過して出産した場合だけでなく、予定日前後で生まれた満期産児にも見られます。

外表奇形など、目で見える異常はなく、基本的には「ただ大きい」だけの元気な赤ちゃんです。

 

成長し過ぎる原因

巨大児は、2つのタイプに分類されます。

 

対称性巨大児

遺伝的な理由が大きく、子宮の環境は正常であることが多いです。

母体の状態や生活が影響していることはあまりありません。

胎児は大きいということだけが特徴で、他に異常は見られません。

 

非対称性巨大児

母体が糖尿病を患っていて、血糖コントロールが不良な場合に起こり、この場合、臓器(心臓・肝臓・肺・副腎・脾臓)の肥大が見られます。

母体が高血糖であるために多量のブドウ糖が胎児に移行し、血糖調節のためのインスリンが多量に分泌されることが体重増加に関連すると考えられています。

 

注意点は?

「病気」という訳ではありませんので、特に大きな心配は必要はありません。

ただし、母体が糖尿病であった場合には、産後の検査で呼吸障害・低血糖・低カルシウム・多血症・黄疸などの症状が見られることもあるので、経過には注意が必要です。

医師の判断に従い、適切に対処していきましょう。

 

また、赤ちゃん自身の体もさることながら、大きな赤ちゃんを出産する母体にも注意が必要です。産道を通りづらく難産になる可能性が高いです。

 

適度に体を動かして運動し、体力をつけること、足腰を鍛える体操やストレッチ、あぐらをかいて股関節を柔らかくするなど心構えと体の準備をしてあげましょう。

 

予防は可能か?

遺伝的な問題の場合には、大きく成長するのをコントロールするのは難しいものですが、妊娠中の糖尿病、妊娠中毒症を避けることを目的に、カロリーコントロールして体重をしっかり管理していくことは有効であると考えられています。

バランスのよい食事を摂り、高カロリーな食事を避ければ糖尿病を予防することができます。

赤ちゃんのためにも妊婦期間は健康的に過ごしたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

巨大児に関する記事

「大きめ赤ちゃん」巨大児との付き合い方☆妊娠〜出産までの生活をチェック!

  出産を間近に控え、検診で「巨大児」と言われたママはちょっと心配になりますよね...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

巨大児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る