カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 不当軽量児 >
  6. 「不当軽量児」は病気?生まれる原因と赤ちゃんの症状と特徴について

育児・子供の病気

「不当軽量児」は病気?生まれる原因と赤ちゃんの症状と特徴について

「不当軽量児」という言葉を聞いたことがありますか?

あまり耳に慣れない言葉で、病気なの?と妊娠中のママは不安になるかもしれません。症状や特徴についてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

不当軽量児とは

出生時の体重が、在胎週数(母体の中にいた期間)から予測される体重よりも10パーセント以上少ない新生児のことをいいます。

体内での発達が遅延しており、早産で小さく生まれた赤ちゃんよりも更に小さく痩せていることが特徴です。

 

病気、というよりも特徴を示しており、この状態で生まれたことによって、合併症などを引き起こす可能性があります。

よって出生後の注意が必要な状態です。

 

不当軽量児はなぜ生まれるのか?

母体の問題

元々母体が持病(心臓疾患・内分泌疾患・栄養不良)を持っている場合、お腹の中の赤ちゃんの発育が制限されることがあります。

また、妊娠高血圧症候群の場合にも、胎盤の機能が悪化し、発育が制限されることがあります。

 

赤ちゃん自身の問題

赤ちゃんの体に心臓疾患や染色体異常などが見られる場合、お腹の中での赤ちゃんの発育が制限されることがあります。

 

胎盤・臍の緒などの問題

胎盤に血腫・梗塞があって機能が落ちていたり、臍の緒が細い、胎盤との付着部分に問題がある、などの場合は栄養が十分に行き届かず、発育が制限されることがあります。

 

不当軽量児として生まれたら?

多くの場合、NICU(新生児集中治療室)などで集中的に看護が行われ、赤ちゃんの体調管理が行われるでしょう。

発育が遅延し、低酸素状態、栄養不良が続いていたことが疑われる場合、

 

・低血糖(本来よりも糖分の貯蔵量が少ない)

・多血症(低酸素が原因で赤血球が過剰につくられる)

・胎便病(腸の機能が落ちており、胎便が出しにくい)

 

などの症状が見られることがあります。

場合によっては分娩に耐えられず、新生児仮死が見られることもあり、危険が伴います。

医師の判断に従い、適切な医療を受けながら赤ちゃんの成長を見守りましょう。

 

予防は出来るのか?

まずは妊娠期間中の妊婦さんが、健康的に過ごすことが一番です。

胎内のことなので完璧にコントロールするのは難しいですが、飲酒・喫煙を避けることはもちろん、バランスのいい食事や適度な運動を心がけ、妊娠高血圧症候群・妊娠中毒症にならないよう気をつけましょう。

 

カロリーを控えた食事を接種し、赤ちゃんにきちんと栄養がいくような生活をしてあげるといいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不当軽量児に関する記事

小さめ赤ちゃん!「不当軽量児」と診断されたら?

生まれたばかりの赤ちゃんが、「不当軽量児」と診断されたら? 聞き慣れない診断に...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

不当軽量児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る