カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 乳歯でも毎日必ず歯磨きするべき?歯磨きを嫌がる乳児・幼児への対策

育児・子供の病気

乳歯でも毎日必ず歯磨きするべき?歯磨きを嫌がる乳児・幼児への対策

毎日の赤ちゃんの歯みがきはとても大変。

嫌がる赤ちゃんのために楽しいおうたを歌ったり、人形遊びで楽しい雰囲気を作ったり、あの手この手で歯みがきしているお母さんも多いことと思います。

 

嫌がる赤ちゃんに歯磨きをするのは骨が折れるし、毎日こんなに苦労して歯を磨く必要があるのかしら……と思われても無理はありません。

 

ここでは嫌がる赤ちゃんに毎日歯みがきするべきか、また嫌がる乳児への対策を調べてみました。

 

歯みがきはなるべく毎日行いましょう

ほとんどの子供は歯みがきを嫌がるものです。

中には激しい抵抗をして大変な子供も……。激しく嫌がられると親としてもとても憂鬱ですよね。

 

しかし嫌がるからといって歯みがきをおろそかにしていると、乳歯は永久歯より柔らかく虫歯になりやすいので、虫歯のリスクがとても高まってしまいます。

子供が嫌がっていても歯みがきはなるべく毎日してあげましょう。

 

歯みがきを嫌がる赤ちゃんへの対策

歯みがきを嫌がる子供のために、様々なグッズが市販されています。

嫌がり対策には基本的に楽しい雰囲気を作って、歯みがきは楽しい時間と思ってもらえるようにすることが大切です。

 

ぬいぐるみに歯みがきをさせる遊びをしてみたり、歯みがきのおうたを歌ったり、子供の好きなキャラクターの歯ブラシを選んでみたりします。

 

また日常の遊びの中で歯ブラシを口に入れさせ、口に歯ブラシが入ることに慣れさせるのもよいです。

(その際はなるべく、のど突き防止部品がついた専用の歯ブラシを使って下さいね)

 

しかし親がいくら努力しても口を開けてくれなかったり、歯ブラシを噛んでしまう子供は多いものです。

そんな時はみがける部分だけでもみがいてあげましょう。

 

嫌がる赤ちゃんへの歯みがきのポイント

嫌がっていても歯みがきはしたほうがよいのですが、お母さんの方でも下記のようなポイントに気をつければ、もしかしたら嫌がらなくなるかもしれません。

それは下記のようなポイントです。

・歯ブラシが月齢にあっているかどうか

・ゴシゴシと強く磨いていないか

歯ブラシは毛が柔らかく、毛先が滑らかに処理されているものを選びます。

市販品で0歳~となっているものを選べば大丈夫でしょう。

 

大人が磨くときにはつい力が入ってしまいますが、赤ちゃんには軽く優しく磨いてあげることが大切です。

歯をかる~くブラシでこするような感覚で磨きます。それくらいで十分汚れが取れるでしょう。

 

たくさんのお母さんが抱えている我が子の歯みがきの悩み。

しかし、歯みがきが楽しくなるような工夫していればいつかは嫌がらなくなります。

軽い気持ちでいろいろ試してみましょう!

あなたのお子さんにあった歯みがき方法が見つかるかもしれません。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

永久歯に影響するから乳歯のケアは重要です!歯磨き以外の乳歯のケア方法

  乳歯は結局抜けてしまう歯ですから、乳歯はそこまで大事ではないでしょうか? 男...

乳歯の時期別!適切な磨き方☆生え始め→上下2本ずつ生えた頃→奥歯が生えたら…

どんどん生えそろっていく赤ちゃんの乳歯。 生え始めから、上下2本ずつ生えた...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る