カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 痛風 >
  4. 基礎知識 >
  5. これって痛風じゃないの?痛風とは別物「偽痛風」ってなに?

生活習慣病

これって痛風じゃないの?痛風とは別物「偽痛風」ってなに?

「偽痛風(ぎつうふう)」というものがあります。

痛風と似ている症状ですが、痛風ではないことがあります。

偽痛風と痛風には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

偽痛風とは?

痛風とは、尿酸が関節に炎症を起こして発症をします。

それに対して偽痛風は、ピロリン酸カルシウムの結晶によっておこる関節炎のことです。

軟骨石灰化症とも呼ばれます。

 

膝関節に発症することが多く、60歳以上に多く見られます。

原因は不明なことが多いのですが、加齢によって傷んだ部分に沈着しやすいといわれています。

しかし、若者でも起こることはあるので注意が必要です。

男女差はないとされています。

 

どんな症状?

症状としては、関節の痛みやはれ、熱が出ることもあります。

ほとんどが膝に出るのですが、手や足の関節に出る例もあります。

体重減少や発熱がともなうこともあり、ひどい時には関節炎をくり返すこともあります。

 

偽痛風にはいくつか種類があってA型、B型、C型、D型、E型、F型に分けられます。

 

A型は急性、亜急性で関節炎をくり返します。

ほとんどが膝関節です。

B型は、多関節におよぶ強い型です。

関節リウマチと似ています。

C型は徐々に進行して急性発作が起きます。

D型はC型と似ていますが、急性憎悪はともないません。

E型は偽痛風の50%を占め、症状がないタイプです。

F型は高度の関節破壊が見られる重い症状となっています。

 

診断と治療法

診断では血液検査が行われ、発症時には白血球の増加、炎症性の変化などがあります。

関節の液を検査して、ピロリン酸カルシウムの結晶をみる方法もあります。

 

治療法は、薬ではとり除くことができないため、安静と痛みをとる治療が基本となります。

急性の場合は、非ステロイド剤で痛みを和らげます。

注射が行われることもあります。

症状がかなり強くなると、人工股関節置換術などを行うこともあります。

 

痛風と似ている症状ですが、偽痛風というのは痛風とは別物です。

軽いものから重い症状まであるので、思い当たることがあればすぐに受診することをおすすめします。

 

(Photo by:写真AC

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る