カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 乳歯の時期別!適切な磨き方☆生え始め→上下2本ずつ生えた頃→奥歯が生えたら…

育児・子供の病気

乳歯の時期別!適切な磨き方☆生え始め→上下2本ずつ生えた頃→奥歯が生えたら…

どんどん生えそろっていく赤ちゃんの乳歯。

生え始めから、上下2本ずつ生えた頃、奥歯が生えてきたら…歯みがきの仕方は変えたほうがいいの?と疑問に思うお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。

ここではそんな赤ちゃんの歯みがき方法を時期別に解説いたします。

 

生え始め(生後5~6ヶ月ごろ)

まだこの頃は歯ブラシは必要ありません。市販の歯みがきシートや清潔なガーゼで歯を優しく拭いてお手入れします。

 

歯みがき剤などもまだ必要ありません。

使用したい場合は、生後7ヶ月ごろより使えるジェル状のものを使いましょう。

まだうがいができないので、使用後はガーゼなどで拭きとります。

 

上下2本ずつ生えた頃(生後10ヶ月ごろ)

歯が上下に生えてきて、歯ぐきからきちんと全体が出てくる時期です。

この頃になるといよいよ歯ブラシを購入し、歯みがきを始めることになります。

 

0歳から使える柔らかい毛の歯ブラシを用意し、優しく軽くブラッシングしてあげましょう。

 

奥歯が生えたら(生後1歳半~2歳ごろ)

奥歯が生えるので口を大きく開けて奥歯まで磨く必要がありますが、この頃はちょうどイヤイヤ期とも重なることもあり、なかなか口を開いてくれず、親が歯みがきに苦戦する時期です。

 

しかし嫌がるからといって歯みがきをしないと、あっという間に虫歯になってしまいます。

赤ちゃんのころと違い、離乳食も完了して大人と同じ硬さのものを食べ始めているころですので、食べかすも歯に溜まりやすくなっており、虫歯リスクが高いのです。

 

歯みがきを嫌がる場合は…

お子様が好きなキャラクターのグッズや歯ブラシや歌を用意する、などして楽しい雰囲気を作ることにつとめ、手早く歯みがきを終わらせましょう。

 

また、2歳前後ごろからうがいの練習ができます。

親が何度か手本を見せてあげることを毎日続けていくと、いつの間にかできるようになります。

洗面所やお風呂場など、汚してもいい場所で練習してみましょう。

 

うがいができるようになったら、子供用の歯みがき剤を使って磨いてあげましょう。

ここまで来ると歯みがき剤が甘いのがいいのか、歯みがきをあまり嫌がらなくなります。

 

ガーゼケアの時期から本格的な歯みがきの時期まではあっという間です。なるべく毎日ケアしてあげましょうね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

夜、添い乳で寝ていると虫歯になるって本当?虫歯になりやすい口環境とは

夜中の授乳のとき、添え乳にしているママもいますよね。ママも楽ですし、赤ちゃん...

甘いものを控えて、歯磨きもしていたのに子供に虫歯が…子どもが虫歯になる意外な原因とは?

子どもは成長するにつれて、母乳から離乳食、そして普通の食事へと食べるものがどん...

お手入れの体験談

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る