カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 原因 >
  4. 頭痛なのに頭痛を感じない!?あなたのその症状は隠れ偏頭痛の症状かも…

頭痛

頭痛なのに頭痛を感じない!?あなたのその症状は隠れ偏頭痛の症状かも…

頭が痛いのに「頭部」が痛くないことがあります。頭痛なのに頭が痛くないというのは、文字づらだけ追うと矛盾していますよね。
これはどういうことなのでしょうか?

今回は、
 頭痛なのに頭の痛みを感じない、「隠れ偏頭痛」の症状についてまとめました。

頭痛で頭痛以外の症状

ストレスが溜まったときや天気が悪いときなど、頭痛症状を訴える人は多くいます。
しかし頭痛が起こっているのに頭痛と認識しない人も多くいるのです。

偏頭痛や緊張型頭痛というのは、血管が過度に拡張したり、収縮したりすることで起こります。
そのため、単に頭痛だけが症状として出てくるわけでもなく、その周辺の症状も認識されます。

周辺症状というのは、例えば肩こりや首こり、首のこわばりや痛み、そして後頭部の痛みなどです。

後頭部というのは頭の一部ですが、いわゆる頭痛でこめかみや頭全体が痛くなることと比べると、頭痛とは認識されにくいです。

 

周辺症状の方を強く感じてしまう

もちろん頭痛が生じているのですから、頭痛も感じているのです。

しかし先に書いたような肩こり、首の症状、後頭部の痛みなどの方を強く認識してしまうことで、「頭痛という認識が薄れてしまう」ことがあります。

そのため、「肩こりがつらくて、そのせいで頭痛もする」と思って病院にかかってみたら、実は頭痛のほうが先に生じていたということも多いのだそうです。

 

特に偏頭痛の場合、その名前から頭部の左右どちらかだけに痛みが出ると思っている人が多くいます。
しかし実際、偏頭痛では両側に痛みを感じる人も多くいますし、後頭部から首筋にかけての痛みを訴える人も多いのです。

 

肩こりと決めつけていると悪化することも

肩こりが原因で頭痛症状も起こっていると考えていれば、まずは肩こりを解消しようとするでしょう。

肩こりは肩周辺の筋肉が緊張して、血液の巡りが悪くなって起こるものです。
そのため肩こり解消には筋肉をほぐして血行をよくしようとしますよね。

しかしそれが偏頭痛によって起こっている肩こりならば、肩こりや頭痛を悪化させてしまいます。

というのも、偏頭痛は血管が拡張してその周りの神経を刺激して起こるものです。
そのため、マッサージをして血行をよくしてしまうのは、血管の拡張を促進してしまい、逆効果なのです。

 

きちんと見てもらいましょう

例えば姿勢が悪かったり、毎日何時間もパソコンに向かっていたりという、肩こりになる原因が思い当たれば、「肩こりによる頭痛」と決めつけてしまいますよね。
しかし、その自己判断が危険なこともあります。

正しい診断の下、正しい治療を受けられれば、生活の質が大きく改善していきますから、一度先入観を捨てて自分の症状を見てみて下さい。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

水分の摂りすぎは脳出血のもと??水分過多の頭痛の危険性

  頭痛は様々な理由で引き起こされますが、その理由の一つが水分過多です。では、...

光が頭痛の原因とする説・しない説

  慢性頭痛は主に片頭痛、緊張性頭痛が大半を占めています。医学的には群発頭痛も...


アルコールと頭痛の関係性とは?

    お酒を飲むと頭痛が発生する、という経験はないでしょうか。ドラマや...

うつ病による『ノルアドレナリン低下』が関連していた?!『頭痛』の原因

うつ病を発症すると、身体に様々な疼痛(腰痛・歯痛・関節痛・消化器の痛みなど)を...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る