カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 全般 >
  4. あなたの不調にあてはまる?自分では気づけない「隠れ偏頭痛」の症状と特徴とは?

頭痛

あなたの不調にあてはまる?自分では気づけない「隠れ偏頭痛」の症状と特徴とは?

 

脳腫瘍やうつ病などの病気ではないのに、頭痛が起こることがあります。偏頭痛や緊張型頭痛などは、血管の拡張や収縮が原因でおきる頭痛や、群発頭痛のように原因のよく分かっていない頭痛もそうです。

 

頭痛なのに頭痛を感じない?「隠れ偏頭痛」とは

そもそも偏頭痛というのは、血管が拡張して血管周辺の神経が刺激されることで起こります。こうした偏頭痛は脳が外からの刺激(光やにおいなど)を受け取りやすい人に起こりやすいとされています。

そんな偏頭痛ですが、どんな症状を思い浮かべるでしょうか?

偏頭痛の症状というと、

脈を打つような痛み

頭の片側だけの痛み(両側のことも多い)

吐き気を伴う痛み

動いたときに悪化する痛み

などが想像されるのではないでしょうか?しかし実際は、このようなはっきりとした頭痛症状以外にも偏頭痛の症状があるのです。それが頭痛と認識されない、隠れ偏頭痛です。

 

隠れ偏頭痛の症状は?

もし以下のような特徴に当てはまるのならば、あなたも隠れ偏頭痛の可能性があります。

 

・たくさん寝た後に体調を崩す

・頭がじわーっと重い感じがする

・食欲がわかない

・首から後頭部にかけての不調がある

 

偏頭痛は血管が拡張して起こります。長く寝ると体のリラックスが行きすぎて、血管が拡張し頭痛が起こることがあるのです。また、環境変化・更年期・出産・ストレスなどをきっかけにして、隠れ偏頭痛の症状が出ることがあります。

 

こんな人に多い隠れ偏頭痛

幼少期の頃、成人期の頃とで以下のような特徴にあてはまるでしょうか?これに1つでもあてはまると不調の原因が、隠れ偏頭痛の可能性があります。

 

幼少期の特徴

乗り物酔いしやすい

お腹が痛くなりやすい

アレルギーや喘息があった

 

成人期の特徴

休日に寝すぎると頭が重くなる

光が視界に広がることがある

ときどき、首の後ろのこりのために気分が悪くなる

 

あなたのご両親は偏頭痛?

偏頭痛は遺伝的要素も強いとされています。そのため両親や親類の中に偏頭痛持ちの人がいるという場合には、自分も疑った方がよいかもしれません。隠れ偏頭痛の人は、自分が偏頭痛だとは思っていないでしょうから、周りの人が気づいたときに指摘してあげるのもよいかもしれませんね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る