カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 予防 >
  4. 偏頭痛が起きそうなときにはコレ!偏頭痛が起きてしまうその前にする予防策とは?

頭痛

偏頭痛が起きそうなときにはコレ!偏頭痛が起きてしまうその前にする予防策とは?

 

偏頭痛が毎日のように起こって困ったり、痛みの程度が大きい場合には、偏頭痛を予防する必要があります。そんなに偏頭痛が起こる頻度は多くないという人でも、予防策を知っておいて損はないでしょう。

 

どんなときに偏頭痛が起こる?

偏頭痛は基本的には何かの原因があって起こります。その原因は強い光かもしれませんし、ストレスかもしれません。いずれにせよ偏頭痛を生活の中で予防しようと思ったとき、どんな状況で偏頭痛が起こるかを知っておくのが第一歩です。

その上で、偏頭痛の予防法にはどんな方法があるのでしょうか?

 

偏頭痛の予防法アレコレ

色々な偏頭痛の予防方法を見てみましょう。

 

・ひどい偏頭痛には予防薬

偏頭痛が月に2日以上(あるいは6回以上)ある場合や、頓服薬では生活に支障が出る場合には、薬による予防が勧められます。偏頭痛が起こりにくくなるように、毎日予防薬を服用するのです。予防薬の種類としては、

 

カルシウム拮抗薬

β遮断薬

抗てんかん薬

抗うつ薬

 

患者さんが偏頭痛以外の病気を持っていれば、他の薬が使われることもあります。また、予防薬の効果があるかどうかを判断するには、2ヶ月程かかります。

基本的に予防薬は、頭痛の程度を軽くしたり回数を減らすためのもので、頭痛が起こらなくなるわけではありません。

 

・偏頭痛を起こす食べ物を避ける

偏頭痛が起こりやすい人は、血管を拡張する作用のある食べ物は避けるべきです。

具体的にはポリフェノールを含む、赤ワイン、チョコレートなど、チラミンを含むチーズなどは避けましょう。また化学調味料を多く使ったものを食べるのも避けたほうが良いです。

食品と偏頭痛の関係は細かくありますので、食べたものを記録していき、頭痛との関係を追っていくのが、自分に合った予防法を知るのに有効な方法です。

 

・サプリメントで予防

ビタミンB2やマグネシウムには偏頭痛に効果があるといわれています。食品からとってもよいですが、それが難しければサプリメントの形で摂取してもよいです。

 

・朝食をきちんと食べる

朝食を食べない、あるいは食事と食事の間がかなり空いてしまうと、体がストレスを感じて偏頭痛が起こりやすくなります。そのため、忙しくても朝食はきちんと食べるようにしましょう。

 

・規則正しい生活

忙しい人には難しいかもしれませんが、やはり基本的にはストレスを溜めないような規則正しい生活が基本です。特に休日にだらだらと寝てしまうという人は、偏頭痛が起こりやすいですので注意しましょう。

 

意外なことが原因になることも

割と知られていることですが、ストレスから解放されることが、偏頭痛のきっかけになることもあります。そんな、偏頭痛が起こりやすいシチュエーションに上記のような方法で先手を打っておければ、だいぶ頭痛がラクになるかもしれませんね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

偏頭痛の「前兆」「予兆」を察知して、早めの対処のカギにしよう!

頭痛はなければそれに越したことはありませんが、頭痛持ちの人はそうも言っていら...

痛くなったら&痛くなる前にできる頭痛のセルフケア

   ■頭痛とどう向き合うかつらい慢性的な頭痛。自分に合う対処法を見つけることが...


頭痛を和らげるためにマグネシウムを摂取しよう!効果と注意点について

マグネシウムには頭痛を緩和させる効果があります。今回はマグネシウムの効果と過...

頭痛予防には室温も大切

  頭痛には室温、気温もかかわっていると言われています。   ●頭痛と室温、気...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る