カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 前歯が生えたら、歯が生えそろったら…乳歯を磨くための歯ブラシの選び方

育児・子供の病気

前歯が生えたら、歯が生えそろったら…乳歯を磨くための歯ブラシの選び方

「赤ちゃんの歯が生え始めてきたんだけど、歯ブラシはどんなものを選んだらいいの?」

ここではそんな疑問にお答えすべく、赤ちゃんにはどんな歯ブラシを選んだらよいのかをまとめてみました。

 

前歯が生えてきたら歯ブラシの用意を

赤ちゃんの可愛らしい前歯が生えてきたら、歯ブラシを用意します。

赤ちゃん用と仕上げみがき用に2本用意します。

 

赤ちゃん用の物は赤ちゃんが持ちやすく、のど突き防止プレートがついている物を選びます。

仕上げみがき用は大人が使うものなので、大人が持ちやすい形状のものがよいでしょう。

 

また仕上げみがき用の歯ブラシは、毛先が密集して柔らかいものを選びましょう。

柔らかいものは歯肉に当たっても痛くありませんので、赤ちゃんがあまり嫌がりません。

0歳からと書かれている歯ブラシがいいでしょう。

 

ただし歯がまだ歯肉から完全に出ていない状態の頃は、ガーゼや歯みがきシートでの拭き取りケアが中心になります。

 

指サックブラシもおすすめです

指にはめてみがくタイプの指サック式歯ブラシという商品もあります。

赤ちゃんの歯を優しく指できれいにすることができますよ。

お口に物を入れても嫌がらないようにする練習として使ってみるのもいいでしょう。

 

デンタルフロスはいつから?

歯が大きく生え揃ってくると、歯間に食べかすが詰まりやすくなります。そんな時にはデンタルフロスがおすすめです。

特に歯と歯の間にあまり隙間のないお子様は早めに使い始めることをおすすめします。

 

1日1回はデンタルフロスで隙間を掃除するといいでしょう。

デンタルフロスは赤ちゃんの頃は必要ないですが、大体2歳過ぎぐらいから使う方が多いようです。

 

最近ではフッ素が塗りこまれている商品もあるそうなので、歯のケアに積極的に使っていきたいですね。

 

近年はデンタルケア商品もたくさんの種類が市販されています。

歯医者さんなどでも扱っていますので、色々試して自分のお子さんにあったものをお選びくださいね。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

赤ちゃんの歯磨きはコツをつかんで効率よく!成長別の歯磨きのしかた

赤ちゃんの歯磨きは、お風呂に入ることと同じように、毎日の習慣にすることが大切...

虫歯撃退!虫歯対策は乳歯のころから始めよう!子どもの歯を磨くときのポイント

子供が虫歯になって痛がっていたりすると、とてもかわいそうですよね。 子どもが虫...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る