カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. きれいな歯並びは赤ちゃん時代からのケアが大事!乳歯のケア方法

育児・子供の病気

きれいな歯並びは赤ちゃん時代からのケアが大事!乳歯のケア方法

歯がどんどん生えてくる乳児期。

この頃の歯並びを見て、「将来の子供の歯並びが心配」と思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

 

きれいな歯並びは赤ちゃん時代からのケアが大事!……ということで、歯並びをよくするための、赤ちゃん時代の歯のケア方法を調べてみました。

 

0歳からの予防法

歯が生え揃う2歳後半まではすぐにできる対処法はないのですが、3歳頃になって歯が生え揃った頃に噛み合わせがおかしいなと思ったら、歯医者さんに相談に行きましょう。

 

それまでの0歳~1歳代でできることには、虫歯を作らないようにすること、指しゃぶりやおしゃぶりを卒業させること、などが挙げられます。

 

虫歯は永久歯の歯並びに影響しますのでなるべく作らないほうがよく、指しゃぶり・おしゃぶりは歯の位置を動かしてしまうおそれがあります。

 

歯並びは遺伝要素もあり

歯は骨ですので、親や祖父母の骨格遺伝の影響を受けます。

ですので、血縁上に歯並びの悪い方がいらっしゃれば、赤ちゃんの歯並びも悪くなってしまう可能性があります。

 

ただし上で述べたような虫歯などによる後天的要因で歯並びが悪いということも考えられますので、子孫の歯並びが悪いのは先祖のせいだ、とは一概には言えません。

 

0歳代では虫歯とおしゃぶり・指しゃぶりに気をつけよう

将来のきれいな歯並びのために0歳代からできるケアとしては、毎日のしっかりした歯みがきとおしゃぶり・指しゃぶりをやめさせることです。

 

1歳後半頃から歯みがきを嫌がるようになってきますが、頑張って磨き残しのないように磨いてあげましょう。

 

またおしゃぶりや指しゃぶりですが、癖になっているとやめさせるのは大変です。

しかし根気よくやめさせる方向に持っていきましょう。

 

もしも歯並びのことが気になるのでしたら、0歳の内からの予防ケアの徹底と、機会があれば歯医者さんに相談してみることをおすすめします。

お母さんの不安や疑問が解決するかもしれませんよ。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

もし虫歯になってしまったら・・子どもを歯医者に行かせる対処法

虫歯は虫歯菌の量、歯の質や唾液の量によって人それぞれ虫歯になりやすさが異なり...

乳歯でも毎日必ず歯磨きするべき?歯磨きを嫌がる乳児・幼児への対策

毎日の赤ちゃんの歯みがきはとても大変。 嫌がる赤ちゃんのために楽しいおうた...

お手入れの体験談

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る