カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 治療 >
  4. 頭痛を漢方的に考えると?漢方的「4大頭痛」と、それぞれの頭痛に効果的な漢方薬

頭痛

頭痛を漢方的に考えると?漢方的「4大頭痛」と、それぞれの頭痛に効果的な漢方薬

 

頭痛を漢方で考えてみると、西洋医学とは違ったとらえ方ができます。もし西洋医学での頭痛の対処法で解決されないという場合には、漢方的な頭痛の原因を探ってみてはどうでしょうか?

 

頭痛の原因は大きくふたつ

漢方で頭痛の原因は、大きく分けて二つあると考えられます。

ひとつは「不通即通」といって、体の中で気や血液の流れを阻害するものがあり、痛みを生み出しているという考えです。

もうひとつは「不栄則通」と言って、血液の量や栄養が足りないために、脳に必要なものを届けることができないという考えです。

 

「漢方的」4大頭痛

漢方で考えたとき、代表的な4つの頭痛のタイプがあります。あなたの頭痛はあてはまるでしょうか?

 

1.ストレス

ストレスによって自律神経が乱れると、血流が悪くなり頭痛が起こります。

こうした頭痛に対しては、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)や釣藤散(ちょうとうさん)といった漢方薬を用います。

 

2.胃腸虚弱

胃腸が弱っていて食べたものから栄養をうまく吸収できなくなっていると、頭部に必要な栄養や血液も不足します。梅雨時期や夏場、疲労時に症状が悪化するケースがこれにあてはあります。

こうした頭痛に対しては、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や人参養栄湯(にんじんようえいとう)などが用いられます。

 

3.血の巡りが悪い

食事や生活習慣病が原因で血液がドロドロだったり、冷えで血のめぐりが悪くなると起こる頭痛です。なかなか治りにくいことや、夕方に症状が悪化しやすいといった特徴があります。

この頭痛に対しては、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や冠元顆粒(かんげんかりゅう)などが用いられます。

 

4.腎機能低下

漢方的に考えたとき、脳と腎機能は密接に関係しています。腎が精力を蓄え、この精力が脳を形成していくという考えです。そのため腎機能が低下すると精力が不足し、脳の働きが悪くなります。こうなると慢性的な頭痛になりやすいのが特徴です。

この頭痛には八味地黄丸(はちみじおうがん)や海馬補腎丸(かいまほじんがん)と言った漢方が用いられます。

 

頭痛を薬で治さない努力

頭痛が出たときに鎮痛薬を服用して頭痛をおさめるのは簡単です。しかし慢性的に頭痛に悩まされるとなると、ずっと薬を服用していてはその薬自体が頭痛の原因になることもあります。そのため、漢方薬など効果の緩やかな対処法を持っておいてもよいですね。
(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

お医者さんに頭痛を説明するには? 生活習慣や環境について

    頭痛で病院いった時にされる生活習慣や環境についての質問です。   1. ...

市販薬を服用するときの2つの注意点!飲みすぎない・体に合った薬を!

  片頭痛の対症療法に市販薬を使う方もいます。市販薬の作用は鎮痛です。片頭痛に...


どのタイミングで病院に行ったらいいの?

  頭痛にかかっている人もたくさんいるし、頭痛外来などの病院に行くほどの頭痛っ...

正しい診断・治療には不可欠!自分の病気を説明しよう!頭痛編

  とっても頭が痛い!お薬を飲んでみたけど、どうにもならない。病院へ行こう!で...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る