カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 対処 >
  4. リラックス >
  5. 天気が悪くなって「頭が痛い…」天気が悪くて起こる気象痛の原因と効果的な対処法

頭痛

天気が悪くなって「頭が痛い…」天気が悪くて起こる気象痛の原因と効果的な対処法

天気が悪いと体調が悪くなることがありませんか?
もちろん、天気が悪いと気分が落ち込んで、それがストレスになって体の不調が出るということもあります。
ですが、天気が悪くて不調になるのはそれだけが原因ではありません。


天気が悪くなって「頭痛がする…」「頭が痛い…」という方へ、天気が悪くて起こる気象痛の原因と効果的な対処法についてまとめました。

気象病の気象痛

気象に関連して起こる症状を気象病と言います。
そしてそれによって起こる痛みのことを気象痛と言います。

元々喘息や、低血圧などの病気は天気によって症状が左右されます。
他にも頭痛や、首周辺の痛み、関節痛などの痛みといったものが、気象の変化によって起こります。

天気が悪くなるのを察知するようにして、頭痛が起こるという方もいるようです。

 

気象の変化で痛む原因は「自律神経」

冒頭に書いたように、雨の日などは気分が落ち込みますよね。
そうした心理的なストレスが体の不調にも少なからず関係しているのは事実です。

しかしそれ以上に頭痛などの痛みを引き起こしている原因が、「自律神経のみだれ」です。
自律神経は私たちの意思とは関係ないところで、私たちの体を正常な範囲に収めてくれています。

気象などの環境の変化は、体に大きなストレスになりますから、そのストレスによって自律神経が乱れます。
その結果、頭痛などの痛みが生じることになるのです。

 

気象痛の対処法

自律神経は交感神経と副交感神経の二つからなっており、これらのバランスが崩れることで不調が起きます。
気象の変化によって頭痛などが起こるのは、ストレスによって交感神経が優位になっているためです。

ですから気象痛がある場合、できるだけ早い段階で副交感神経を優位にしてあげる必要があります。
副交感神経が活発になるのは、リラックスをしているときです。

そのため天気が崩れる前から、痛みが生じたときにかけてリラックスする方法を考えてみてください。

 

なるべく早めの対処を

もちろん頭痛などを起こしている元々の原因の病気があるというときには、その病気をしっかりと治療することが優先されます。

いずれにおいても症状が軽いうちに対処し、天気が崩れる前に早めに対処することが、非常に有効にな方法になります。

 

 

 

(Photo by:写真AC

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リラックスに関する記事

お風呂で改善する頭痛と改善しない頭痛…あなたの頭痛はどっち?

最近はシャワーで済ませる人が多いですが、お風呂にゆっくりつかることは健康効果...

カラダノートひろば

リラックスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る