カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 頭が痛くて眠れない原因はこれかも!「睡眠時頭痛」「睡眠時無呼吸性頭痛」とは?

頭痛

頭が痛くて眠れない原因はこれかも!「睡眠時頭痛」「睡眠時無呼吸性頭痛」とは?

 

頭痛の原因は色々とありますよね。ストレスで頭痛が起こることもありますし、逆にストレスからの解放で頭痛が起こることもあります。あるいは二日酔いの頭痛だって、頭痛のひとつと言えます。

昼間の頭痛が睡眠時に起こることも!

昼間に偏頭痛や群発性頭痛で悩まされているという人はいると思います。

その他にも緊張型頭痛や寝過ぎが頭痛の原因になることもありますし、うつ病や脳腫瘍が頭痛の原因になることもあります。
これらの頭痛は人によっては日中だけではなく、睡眠時や睡眠から目覚めたときに起こることがあります。

もちろんうつ病や脳腫瘍が原因だったらそれらを解決するしか方法はありません。しかし偏頭痛や緊張型頭痛が原因ならば、頭痛薬などの服用で予防や治療をすることができます。

ただ、あまりにも薬を飲む頻度が多くなってしまうのならば、医師に診てもらって薬を処方してもらうのがよいでしょう。

それ以外の睡眠時頭痛

上記の他に、特に原因もなく夜寝ている間に頭痛が起こることがあります。

これは睡眠時頭痛と言って、頭の痛さによって目を覚ましてしまいます。
この特徴から、「時計頭痛」や「目覚まし時計頭痛」と言われることもあります。

この頭痛の原因はまだ詳しく分かっていません。

特徴としては中高年以降で始まることが多く、ひと月の半分以上も鈍い痛みを生じます。さらに、夜間の睡眠時だけではなく、日中の昼寝の際や仮眠のときにも頭痛が生じることがあります。

原因は分かっていませんが、治療方法はあります。

ひとつは脳の血管の広がり過ぎを防ぐ、カフェインを寝る前に飲む方法です。
もうひとつは、寝る前にリチウムを飲みます。これは頭痛への効果は確認されていますが、躁うつ病の治療薬として使われるもので、頭痛への作用は分かっていません。

睡眠時無呼吸性頭痛

睡眠時無呼吸症候群の言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
太った男性などに多く見られ、空気の通り道が狭くなって睡眠中にイビキをかいたり、呼吸が止まったりします。

この睡眠時無呼吸症候群が頭痛の原因になるのは、脳が腫れたり、脳の血管が広がったりし過ぎるのが原因と考えられています。
これは無呼吸によって血中の酸素濃度が減少し、二酸化炭素が増えるためと考えられます。

この頭痛を解消するには、原因となっている睡眠時無呼吸症候群を治療することが優先です。

睡眠時の頭痛は注意!

頭痛云々を抜きにしても、睡眠がしっかりととれないのは体に大きな悪影響を及ぼします。
それは単に頭痛があってそれに悩まされているというだけではなく、もっと色々なところに不調が生じることになるのです。

ですから、単に頭痛があるだけとは考えず、睡眠障害の改善という点でもすぐに睡眠時の頭痛を改善してあげる必要があると言えそうです。
(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛に関する記事

頭痛や便秘が酷く、だるさが取れない それって自律神経失調症?

   良く、頭痛を訴える方に、動悸や便秘などを訴える方がいます。どこがどうと言...

頭痛と耳鳴りの併発は危険信号?

耳鳴りと頭痛は、どちらが原因かわからないような場合もあります。 時には脳や...


ストレートネックからくる頭痛とめまい

  めまいと頭痛を併発することは少なくありません。 頭がいたすぎてくらく...

頭痛で睡眠が邪魔される!そんな睡眠関連頭痛とは?眠れないときに押すツボって?

  眠っているときはぐっすりと心置きなく眠りたいものです。しかしその睡眠を頭痛...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る