カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. その他の子供の病気 >
  5. 赤ちゃんの先天性心疾患「冠動脈瘻」の症状・治療法を知ろう!放置すると命に関わることも…

育児・子供の病気

赤ちゃんの先天性心疾患「冠動脈瘻」の症状・治療法を知ろう!放置すると命に関わることも…

赤ちゃんの先天性心疾患のひとつに冠動脈瘻という病気があります。

比較的まれな病気ですが、放置すると命に関わる危険性があります。

 

いざという時のために、冠動脈瘻について知っておきましょう。

 

冠動脈とは

冠動脈は心臓の表面に冠のように乗っている血管で、心筋に酸素を供給しています。

心臓は必要とする酸素が多い臓器のひとつです。

心筋に酸素が供給できなくなると、虚血性心疾患になってしまいます。

 

冠動脈瘻とは

  • 右または左の冠状動脈が直接心臓、または大血管腔につながっているという状態をいいます。

 

心臓が形成する過程で、冠動脈が形成される前は、心室の壁は海綿状になっています。

冠動脈が形成されるにしたがい、通常の場合、海綿状構造は消失しますが、この際に、冠動脈と海綿状構造の一部が連結してしまうことが原因でおこります。

 

冠動脈瘻の症状

  • 肺高血圧があると乳児期に多呼吸、体重増加不良などの心不全の症状を生じます。
  • 小児期には心臓の雑音があるだけで、症状がない場合もあります。
  • 症状がない場合でも、大人になってから、特に40歳を過ぎると労作時の呼吸困難(※)や疲労、心不全の症状などが増加してきます。
  • 胸痛などの虚血症状がみられることもあり、心雑音も強くなります。

 

※労作時呼吸困難…階段を昇る、激しい運動をするなど体に負荷がかかった時に呼吸が苦しくなる、息切れするなどの呼吸困難の症状がでることです。

 

冠動脈瘻の治療

小さな動脈瘻の場合、治療は行わないことが多いですが、大人になってから症状があらわれないか、注意が必要です。

 

  • 心内膜炎予防、心不全、心筋虚血、瘻の破裂リスクがある場合、カテーテルで穴を埋めるか、手術で結紮(縛る)する治療が行われることが多いです。
  • 手術後、抗血小板薬や抗凝固薬などの薬物療法が行われることもあります。

 

(Photo by:足成 )

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の子供の病気に関する記事

子供の胸部にへこみがあったら、漏斗胸という病気の可能性

子供の胸に「へこみ」が見られたら…それは漏斗胸という病気かもしれません   漏...

赤ちゃんの3、4か月検診で股関節脱臼の疑いがあるといわれたら…

赤ちゃんの3,4か月健診の時、脚を開いて動きをチェックする項目があります。 そ...

その他の子供の病気の体験談

初めての熱で大慌て!!

上のお兄ちゃんが1才になる前に一度熱を出した時のことです。 いつもより機嫌も悪く、よく泣いていたの...

生後1か月での高熱の怖さ。

二人目が産まれて1か月経ったとき、急に40℃近くの高熱が出てかかりつけの小児科へ。 普通の風邪だと...

カラダノートひろば

その他の子供の病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る