カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. インフルエンザ脳症 >
  6. 小さな子ども特に注意が必要!インフルエンザ脳症って何?

育児・子供の病気

小さな子ども特に注意が必要!インフルエンザ脳症って何?

  

乳幼児にとって風邪は天敵です。その中でもインフルエンザは重症化することもあるため、かからないように予防接種などが必要です。インフルエンザにかかることで脳症が起きることがありますが、脳症とはどのような病気なのでしょうか。

 

インフルエンザ脳症ってなに?

インフルエンザ脳症とはインフルエンザの感染から発症する重い疾患です。神経細胞や脳に障害をもたらします。1歳から5歳までの子に起きることが多いです。けいれんや、異常行動、意識障害などが起き、血管のつまりや臓器の動きをとめてしまったりして、命のかかわる疾患です。脳症になる場合、インフルエンザにかかり、約、1、2日位で発症することが多いようです。

 

具体的な症状は?

まず、特徴としては、とても急激に発症します。発熱があって数時間以内に神経症状が起きます。多い症状としては、けいれん、意識障害、異常行動です。

けいれんは、80%くらいの確率で起き、時間はその時によって違います。乳幼児だと熱性けいれんもあるので、間違えやすいですが、熱性けいれんは短時間でおさまります。

意識障害は、呼んでも返事がなかったり、痛みをあたえても反応しません。異常行動は、急に人を判断できなくなったり、母親が分からなくなったり、食べ物の区別がつかなくなったり、ろれつが回らなくなったります。

脳症の場合だと、わりと長時間続くことが多いので、熱性けいれんとの違いをしっかりと知って、早めに医療機関に連絡したほうが良いでしょう。

 

インフルエンザ脳症の原因

インフルエンザ脳症はどうして起きるのでしょうか。

はっきりとした原因は究明されていないのですが、インフルエンザのウイルスが、脳内に侵入して起きることもあります。しかし、脳内に侵入しなくても起きることがあります。

インフルエンザウイルスの毒性はとても強く、身体は強烈な痛手を受けます。これを排除する物質をサイトカインといい、インフルエンザの場合、このサイトカイン同士の連携に異常を起こさせます。そのため、脳内で高サイトカイン脳症という状態になり、免疫が作動しなくなると、けいれんなどの症状が出るといわれています。

 

インフルエンザになるだけでも怖いですが、脳症になってしまうともっと怖いですよね。インフルエンザにかかってしまったら、すぐに病院に行って、医者の判断を仰ぎましょう。 

(Photo by:写真AC 

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

インフルエンザ脳症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る