カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 川崎病 >
  6. よく聞くけど川崎病って何?いまだに原因がわからない危険な病気!

育児・子供の病気

よく聞くけど川崎病って何?いまだに原因がわからない危険な病気!

  

乳幼児の病気で川崎病という名前をよく聞きます。どんな病気なのでしょうか。乳幼児のうちは少しの病気も命取りになることもあるので、親が注意してあげたいですね。

 

川崎病とは?

川崎病とは、別名、皮膚粘膜リンパ節症候群と呼ばれています。1967年に川崎富作博士によって発見された病気です。0歳から4歳の子に多く、原因不明の病気です。

全身の血管が炎症を起こして、冠動脈瘤が出来てしまうと命にかかわるため、早期発見が大切です。高熱が5日以上続いて、手足や口や目が赤くなったら要注意です。

 

川崎病の原因と症状

川崎病は感染症が疑われていますが、きちんとした原因が見つかっていません。

症状としては、高熱が続いて抗生剤ではよくなりません。39度から40度くらいの熱が5日以上続きます。そして、数日してから赤い発疹が全身に広がります。

手足の裏がむくんで硬くなり、くちびるも荒れて赤くぶつぶつが出ます。その何日か後に、白目が充血してきて真っ赤になります。その後、リンパ節が腫れます。これらの症状があてはまると川崎病と診断されます。

注意しなくてはならないのは、冠動脈瘤です。川崎病からこれが起こってしまうと、心筋梗塞を起こしやすくなり、命に危険が出てきてしまいます。

 

検査は大変なのか?

川崎病と診断されるためにいくつかの検査をしなくてはなりません。代表的な物を紹介します。

まずは、心エコー検査です。これは、超音波を利用して体の外から心臓の動きや冠動脈瘤の有無がわかります。次に心電図検査です。これは、不整脈、心臓障害を調べます。次に、胸部レントゲン検査です。これは心臓の大きさ、形を見ます。

そして心カテール検査です。足の付け根からカテールを血管の中に入れて、冠動脈の様子を映し出します。症状の重そうな時にこの検査は行われます。

他にも様々な検査がありますが、上記の検査で結果が出ることが多いです。

 

川崎病は、乳幼児にかかりやすい病気です。4歳までの子にかかりやすく、かかってしまうと、症状によっては危険が伴います。冠動脈瘤かどうかで治療法は変わってくるので、注意が必要です。 

(Photo by:写真AC 

著者: りゅうたんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

川崎病に関する記事

「子どもの川崎病」代表的な治療法と気をつけたいこと!

  川崎病ですと言われたらどうしたらいいのでしょうか。どうしたらよくなって、再...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

川崎病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る