カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 急性出血性結膜炎 >
  6. 子どもの白目がべったりと真っ赤!急性出血性結膜炎の症状を見極めよう

育児・子供の病気

子どもの白目がべったりと真っ赤!急性出血性結膜炎の症状を見極めよう

子どもの白目がべったりと真っ赤に出血して、目の痛みや、目やにもみられる…!そんな症状があったら、急性出血性結膜炎かもしれません。

 

急性出血性結膜炎は夏から冬にかけておこることが多く、6~7歳以下の子どもになりやすいです。

もし、子どもが急性出血性結膜炎になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

正しい知識を身につけて対処しましょう。

 

急性出血性結膜炎とは

急性出血性結膜炎とは、エンテロウイルス70型(EV70)とコクサッキーウイルスA24変異株(CA24v)の二つのエンテロウイルスによってひきおこされる結膜炎のことです。

 

急性出血性結膜炎は、感染力が強く、目を触った手やタオルなどからうつってしまいます。

潜伏期間はエンテロウィルス70型が1日、コクサッキーウィルスA24変異株が2~3日です。

発症後4日間は人から人へ感染する力を持っているので、注意が必要です。

 

発症するのは、6歳~7歳以下に多いといわれていて、20代~30代もやや多いといわれています。

大人がかかると重症になりやすいので、子どもがなってしまった場合、感染に十分に注意しながら治療をする必要があります。

 

アポロが月面着陸した年である、1969年に最初の世界的流行がおこったのでアポロ病とも呼ばれています。

 

急性出血性結膜炎の症状

急性出血性結膜炎の症状は段階的に急性に進んでいきます。

まず、強い目の痛みや目のゴロゴロ感、目がまぶしさを感じるという症状から始まります。

次に、結膜の充血がおこります。

結膜の充血と共に、白目にポツポツと出血がおこり、単なる充血ではなくべったりと白目が真っ赤になってしまうのが特徴的です。

 

その他にも、まぶたが腫れぼったくむくむ、目やにがでる、まぶたの裏がぶつぶつしている、角膜が濁ってくるなどの症状がみられることが多いです。

最終的に頭痛や発熱など、全身に症状がみられます。

 

通常、1週間程度で治りますが、エンテロウイルス70型ではごくまれに半年~一年後に四肢に運動麻痺をきたす後遺症があらわれる場合があるので、よく経過を観察することも大切です。

 

子どもに急性出血性結膜炎の症状がでてきたら早めに病院を受診しましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

急性出血性結膜炎に関する記事

家族へうつることも!早めに対処したい、幼児の急性出血性結膜炎

急性出血性結膜炎とは、エンテロウィルス70型とコクサッキーウィルスA24変異...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

急性出血性結膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る