カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 乳幼児のぶつけて欠けた歯・乳歯は放置してもいい?注意したい歯の症状

育児・子供の病気

乳幼児のぶつけて欠けた歯・乳歯は放置してもいい?注意したい歯の症状

よちよち歩きの赤ちゃんは転びやすいので、ぶつけやすい角にカバーをつける、滑りにくいマットを敷く、など対策をしているご家庭も多いことと思います。

 

しかしたとえば目を放した隙にふいに転んでしまって、もし乳歯が欠けてしまったら、放っておいていいのでしょうか?

ここでは乳歯が欠けた時の対処についてお教えします。

 

少し欠けたぐらいなら様子をみて大丈夫

乳歯というのは柔らかいので、転んだり硬いおもちゃを噛んでしまったりした表紙にすぐに欠けてしまうことがあります。

 

こんなときはつい慌ててしまいますが、小さく欠けただけの時はご家庭で様子を見ても大丈夫です。

 

こんな時は要注意!

ぶつけた歯がぐらぐらしている、ぶつけたところから出血している、などは要注意です。そのまま放っておくと、永久歯に影響が出ることがあります。

 

乳歯の根っこにはいずれ生え変わるための永久歯がスタンバイしています。乳歯がぐらぐらしているということは、根にも損傷があるかもしれません。

 

乳歯のころにぶつけたことが原因で、生えてきた永久歯が乳白色をしていた、歯並びに影響した、ということもあるそうです。

歯の神経が損傷すると歯が変色してしまうといわれています。

 

こんなときはぐらぐらしている歯には触らないで、歯科医を受診しましょう。

 

乳歯が抜けてしまった、大きく損傷してしまった場合

乳歯が1/4以上欠けてしまうと神経が露出している可能性が出てきます。

 

また抜けてしまった場合も同様に神経の問題が出てきますので、こうした時は欠けた・抜けた歯を持って、お子様をできるだけ早めに歯科医へ連れて行ってあげて下さい。

 

ちなみに乳歯が抜けた場合、急いで抜けた歯を洗い、歯を乾燥させないように抜けた歯を元に戻すなどして急いで歯医者さんに行けば、歯を復活させられる可能性があります。覚えておきましょう。

 

休日・夜間などですぐに医者にかかれない時は、牛乳に漬けて冷蔵庫の中で保管しておきます。

 

乳歯が欠けたり折れたり、抜けてしまったりしたときは、「どうせいつか生え変わるから」といって放置せず、なるべく早めに歯科医にお子様を連れて行きましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

お手入れに関する記事

歯磨き剤はいつごろから・どんなものを使う?キシリトールを使ってもOK?

個人差はありますが、大体離乳食を始める生後6ヶ月ごろから乳歯が生えてきます。...

子供の歯に白い点が!これって…もしや虫歯!?それとも歯石!?

ある日子どもの歯磨きをしていたら白い点が!とてもびっくりしますよね。 なんだか...

お手入れの体験談

むずむずする時期に大活躍の歯がため!

息子用にと思い4ケ月の頃に「3ケ月から用 リッチェル乳歯ブラシ」を購入しました。 歯固めと歯ブラシ...

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る