カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 新生児仮死 >
  6. 産声が聞こえない?新生児仮死で生まれた赤ちゃんの特徴と対処法

育児・子供の病気

産声が聞こえない?新生児仮死で生まれた赤ちゃんの特徴と対処法

長い時間をかけて頑張った出産!

赤ちゃんの産声が聞こえない…?と不安になったママがいるかもしれません。

今回は出産後「新生児仮死」と診断された赤ちゃんの特徴や対処法についてまとめてみました。

 

新生児仮死って何?

新生児仮死とは、出生後何らかの原因で呼吸がうまくいかず、低酸素血症・循環不全の状態が続くことを言います。

臍の緒から酸素や栄養をもらっていた赤ちゃんが、肺呼吸を始める初めての瞬間。この時に起こるトラブルが、新生児仮死を引き起こします。

 

心拍数や呼吸、筋緊張、刺激への反射、皮膚色などから医師・看護師が「アプガールスコア」という項目で評価し、点数が低いと「新生児仮死」と診断されます。

7~6点以下の場合には「新生児仮死」、特に4~3点以下の場合には「重症仮死」と呼ばれます。

 

仮死で生まれてきた赤ちゃんの特徴

その特徴は、アプガースコアの点数項目からも見て取れます。

 

呼吸

1.ない(0点)

2.不規則(1点)

3.強く泣く(2点)

 

心拍数

1. なし(0点)
2. 毎分100回未満(1点)
3. 毎分100回以上(2点)

 

筋肉の動き

1. だらんとしている(0点)
2. 少し曲げる(1点)
3. 活発に動かす(2点)


刺激への反応

1. 反応なし(0点)
2. 顔をしかめる(1点)
3. 元気に泣く(2点)

 

皮膚の色

1. 全身が蒼白(0点)
2. 手足にチアノーゼ(1点)
3. 全身ピンク(2点)

 

出産直後に自発呼吸が出来ず、泣き声が弱々しい、ぐったりしている、といった特徴が見られると、アプガースコアの点数が低くなり、新生児仮死と診断されます。

 

対処方法

新生児仮死と診断されたた直後は、ママに出来ることは残念なことにあまり多くありません。

呼吸を確保するために吸引したり、場合によっては人工呼吸器などが使用されます。

 

また、体温を保つために保温し、酸素が投与されたりします。

重症の場合には仮死蘇生術も必要となります。これらは医師の判断の元、看護師やスタッフが行う治療・対処になります。

 

その後も、多くの場合NICU(新生児集中治療室)で経過観察が必要になるでしょう。

24時間態勢の看護・観察が必要になります。

NICUではママの面会、搾乳した母乳の投与などが可能なはずですので、医療機関のスタッフの説明を聞きながら、赤ちゃんに寄り添ってあげて下さい。

 

ママに出来ることは?

出産前には、妊娠高血圧症候群を避けるような食生活・運動を心がけることによって胎盤機能を低下させないことが一番ですが、産後に関しては上記の通り出来ることはあまり多くはありません

 

重症の場合には後遺症が残る可能性もありますが、その時には医師とよく相談しながら、赤ちゃんの体と心のケアに取り組みましょう。

 

また、軽度の場合には後遺症もなく育っていく赤ちゃんが多いです。

NICUを出て自宅で生活できるようになればほとんどの場合問題ないでしょう。

ただし心配なことがあれば産院の医師や医療機関のスタッフに遠慮無く相談し、ママと赤ちゃんの生活を楽しめるようにしたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

新生児仮死の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る