カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 頭血腫 >
  6. こぶ状の「頭血腫」…赤ちゃんは大丈夫!? 特徴と注意点

育児・子供の病気

こぶ状の「頭血腫」…赤ちゃんは大丈夫!? 特徴と注意点

生まれたばかりの赤ちゃんにこぶができていたら…?

産後のママには不安もいっぱいだと思います。

今回は「頭血腫」という症状について特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

「頭血腫」の症状と原因

頭血腫とは、分娩の時に赤ちゃんが産道を通る時、圧迫されて頭蓋骨を覆っている骨膜の一部が剥がれたり、血管が破綻して血腫ができてしまうことを言います。

出生後だんだんと腫れ始め、2~3日で目立つようになります。

触ると波動性(中身が液体で波打つような感じ)があります。

 

この血腫は、貧血を起こすような、体に悪影響をおよぼすほど大量の出血にはならないとされていて、自然と吸収されていくためやがて治まります。

ただし、2~3ヶ月とやや時間がかかるのが特徴です。

 

また、その後黄疸の症状が強く出ることがあり、場合によっては赤血球の状態を調べる検査をすることもあります。

 

治療方法はあるの?

先に述べた通り、内出血は時間がかかりますが、自然に吸収されて自然消失していくものです。

多くは2~3ヶ月で目立たなくなります。

針や注射器を使って血腫を吸引するのは感染症の危険症も大きく、逆に再出血の危険性を引き起こすため、原則的に行ってはいけないことになっています。

 

吸収される過程で、こぶの周りに固いものができたり、全体が固くなりこぶとして残ってしまうことがありますが、血液の吸収された後に骨となったものなので、こちらも長くて数年でなくなると言われています。

 

貧血が起きることはあまりないと言われていますが、万が一貧血を起こした場合には輸血などが必要になることもあります。

 

予防はできる?

分娩時に外部からの力が加わって圧迫されたことが原因となる頭血腫。

ママの骨盤の形や赤ちゃんの頭の形が影響します。

 

また、難産で産道に留まっている時間が長い場合、吸引分娩の場合、鉗子分娩の場合などに起こりやすいとされていますが、通常通りの普通分娩や、帝王切開でも起こりえます。

 

そうすると産前・分娩中のママが予防に出来ることはあまりないように思われますが、スムーズな分娩を行うために心構えをしておくこと、体力を蓄えておくことも重要です。

赤ちゃんが元気に産道を通って出てこられるよう、サポートしてあげたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭血腫に関する記事

産後、赤ちゃんの頭にこぶができた!?頭血腫って一体なに?

   長かった出産を終え、可愛らしい赤ちゃんとの生活を楽しんでいる矢先、赤ちゃん...

頭血腫の体験談

娘の頭には血腫がありました

娘は産まれた時頭のてっぺんの右側がポコッと出ていました。頭血腫です。 吸引分娩で産まれたので、引っ...

カラダノートひろば

頭血腫の関連カテゴリ

頭血腫の記事ランキング

頭血腫の人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る