カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 近視・遠視・乱視 >
  6. 子どもの近視・遠視・乱視の特徴を知って、症状を見極めよう

育児・子供の病気

子どもの近視・遠視・乱視の特徴を知って、症状を見極めよう

子どもが学校の視力検査で、視力が悪いと言われた…近視・遠視・乱視なのかも?メガネやコンタクトを作るべきかな?

 

そもそも、近視・遠視・乱視はどうしておこるの?という疑問にお答えします。

 

目の仕組み

眼球は、水晶体・角膜・網膜・水晶体周りの筋肉など、細かい組織から構成されています。

前方にある角膜と水晶体はレンズ、網膜はフィルムの役割を担って光を感じて焦点を合わせることで、ものが見えるという仕組みです。

水晶体の周りの筋肉が水晶体の厚みを調節すると、焦点が変更できます。遠方から来た光が網膜に焦点を合わせられるかで、視力が違ってきます。

 

近視の特徴

近視の場合は、網膜より前に焦点を結んでしまうため、遠くのものがみえにくいという状態です。

遠くを見るときは像がぼけて見えますが、近くを見るときには、光りが広がる方向で目に入ってくるため、焦点は網膜に近づき、眼鏡なしでもはっきり見ることができます。

遠くが見えにくいので、目を細めてテレビをみる、近づいてテレビをみるなどの行動がみられます。

 

遠視の特徴

遠視の場合は網膜より後に焦点を結んでしまうため、近くのものが特にみえにくい状態をいいます。

ただし小児期には、焦点を網膜に合わせることができますが目が疲れるため飽きっぽくなりやすいです。

強度の遠視を矯正しないで放置していると弱視になりやすくなってしまいます。

また遠視の場合、子どもは内斜視になってしまうこともあります。

 

乱視の特徴

乱視は角膜や水晶体の歪みによっておこります。

目のレンズの働きをする角膜や水晶体は普通は少しの歪みは存在しますが、歪みがある程度以上になると焦点は1箇所に集まらずに、ものが二重・三重などにぼけてみえてしまうという状態です。

明るい昼間よりも、夜に見えにくさを感じる場合が多いです。

軽い場合は目の疲れ、集中力の低下にとどまりますが、強いと視力が悪くなってしまいます。

しかし、外傷後や角膜移植後、円錐角膜などが原因で角膜の形状に異常があると不正乱視になってしまいます。

不正乱視はメガネなどで矯正することが困難です。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

近視・遠視・乱視に関する記事

視力低下を防ぐ!子どもの目にいい食べ物・子どもが食べやすいメニュー☆

子どもの視力を低下させないためには、食事もとても大切です。 目の健康によい...

親が近視なら子どもも近視?子どもの近視を防ぐための3か条

パパやママが近視の場合、子どもも近視になるという話を聞いたことありませんか?...

近視・遠視・乱視の体験談

未熟児網膜症、保育園とメガネ

「未熟児網膜症、3歳の息子のメガネが届きました♪」の続きの記事です。 760gで生まれた息子は...

未熟児網膜症、3歳の息子のメガネが届きました♪

「未熟児網膜症、メガネを作りに行きました!」の続きの記事です。 本日、郵送にて息子のメガネが届...

カラダノートひろば

近視・遠視・乱視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る