カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 目の病気・症状 >
  5. 近視・遠視・乱視 >
  6. 近視・遠視・乱視…子どものメガネを選ぶポイント メガネが悪いと成績も悪化!?

育児・子供の病気

近視・遠視・乱視…子どものメガネを選ぶポイント メガネが悪いと成績も悪化!?

子どもは、自分の視力障低下を訴えることは中々難しいです。

特に、家族に近視・遠視・乱視の方がいたら、子どもが視力の低下があらわれていないか注意してあげてください。

1年に1回は視力検査をするとよいでしょう。

近視・遠視・乱視と診断されたら

子どもに視力の低下があると、黒板がみえにくいなど勉強に支障がでてきてしまいます。

学習の90%は目から吸収すると言われているので、視力低下は大きなハンディキャップになってしまいます。

 

さらに、黒板をみることに労力を使いすぎて先生の話についていけず、果てには勉強嫌いになってしまう可能性があります。

 

子どもにメガネをかけさせるのは抵抗のある方もいるかもしれませんが、視力低下があっても極端な場合を除いて病気ではなく人それぞれの個性といえます。

メガネのおかげで、勉強が遅れずにすむのならかけた方がよいでしょう。

 

子どものメガネを選ぶポイント

コンタクトレンズは中学生以降から

幼稚園児や小学生の子供にコンタクトレンズは早いでしょう。

なぜなら、コンタクトレンズは常に清潔に保っていなければ角膜が傷ついてしまうからです。

子どもが汚い手で目を触ってしまったり、コンタクトレンズの洗浄がうまくできずに汚れたままの危険性が高いです。

子どもがコンタクトレンズを使用するのは中学生以降がよいでしょう。

 

活発な子どもにおすすめのメガネ

育ち盛りで活発な子どものメガネを選ぶ際はファッション性よりも安全性を重視しましょう。

子どもは鼻が大人よりも低いなど顔の構造が大人と違うので、単に大人用のメガネで小さいものを選ぶとずりおちてしまいやすく、メガネの機能が生かせません。

子供用につくられた専用のフレームを選ぶとよいでしょう。

 

特に活発な子供には、超弾性フレームなどの衝撃を吸収するタイプがオススメです。

本人がそのメガネを気に入っているかどうかも重要なポイントです。

レンズはガラスレンズより安全性の高いプラスチックレンズがよいでしょう。

 

メガネをつくったあとも視力低下がなるべく進行しないように、暗い部屋で文字を読まないようにするなど、生活に注意してすごしましょう。

 

(Photo by:写真AC

著者: みゅすけさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

近視・遠視・乱視に関する記事

「目が悪い」にも色々ある!子どもの近視・遠視・乱視の原因と対処法

「目が悪い」といっても、その原因はひとつではありません。 視力には、近視・...

メガネをかけると近視は進行する?メガネを嫌がる子どもへの対策

小学校の視力検査などで、視力の低下がみられた場合、いつからメガネをかけさせた...

近視・遠視・乱視の体験談

未熟児網膜症、保育園とメガネ

「未熟児網膜症、3歳の息子のメガネが届きました♪」の続きの記事です。 760gで生まれた息子は...

未熟児網膜症、3歳の息子のメガネが届きました♪

「未熟児網膜症、メガネを作りに行きました!」の続きの記事です。 本日、郵送にて息子のメガネが届...

カラダノートひろば

近視・遠視・乱視の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る