カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. 1歳になっても歯がまだ生えてこない!乳幼児に歯が生えないときの対処法

育児・子供の病気

1歳になっても歯がまだ生えてこない!乳幼児に歯が生えないときの対処法

個人差はありますが、赤ちゃんは大体生後5、6ヶ月ごろになると可愛らしい乳歯がお口の中に生えてきます。

 

しかしまれに1歳になっても生えてこなかったり、歯が生えてくるのがおそい子供もいます。歯が生えてこないとお母さんは心配ですね。

 

ここではお子さんに歯が生えてこない場合の対処法について調べてみました。

 

1歳になって生えてこなくても、歯ぐきが膨らんでいればOK

歯が生えてくる前には生える場所の歯ぐきが膨らみますので、目で見て歯ぐきが膨らんでいればOKです。

指で触ると白い前歯に触れることができたりします。

 

5,6ヶ月頃ごろから9ヶ月ごろにかけて下の前歯から乳歯が生えてくる、というのはあくまでも目安です。

この時期に必ず生えなくてはいけないわけではありません。気にせず過ごして大丈夫ですよ。

 

ちなみに歯が生えてくるのが遅い子は全部の歯が生え揃うのも遅い傾向にありますが、心配ありません。

 

ただし歯が生えてこないのは後述のような病気が原因の可能性もありますので、気になる場合は歯科医院で診てもらいましょう。

 

歯が生えないのは病気の可能性も?

胎児のころに歯胚という歯の元になる細胞が何かの原因で損傷したり、またこの歯胚が元から欠如(先天性欠如)している場合があります。

こうしたケースでは歯が生えてきません。

 

またあごの骨が固い場合にもなかなか生えてこないようです。

こうした異常は専門的な知識がないと判断できないため、歯科医院で医師にご相談ください。

 

歯が生えていない時に気をつけること

歯がまだ出てきていないときは固いものが噛みにくいです。

離乳食の本などのレシピは月齢に応じた歯の生え具合も考えて固さが調整されているので、食事はレシピよりも柔らかめに調理してあげましょう。

 

また歯が生えてこないのはカルシウム不足が原因というわけではないのですが、カルシウムを意識的に補うようにしてみると、やがて生えてくる歯が丈夫になるかもしれませんよ。

 

歯が生えてこないときの対処法は、まずお医者さんに診てもらいに行きましょう。

そして特に先天的な問題がなければ必ず生えてきますので、長い目で見守ることが大事です。

 

(Photo by:写真AC

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯の悩みに関する記事

乳幼児のぶつけて欠けた歯・乳歯は放置してもいい?注意したい歯の症状

よちよち歩きの赤ちゃんは転びやすいので、ぶつけやすい角にカバーをつける、滑り...

赤ちゃんの歯磨き…歯磨き剤はいつから?どんな歯磨き剤がいいの?

歯が生える時期は、平均して生後6か月くらいです。もちろん、この時期よりも早く...

歯の悩みの体験談

夜中に大慌て!歯茎からの出血

つい昨日の事です。 最近寝付くのが遅くなった娘。大体11時半前後にやっと寝てくれます。 ...

いつになったら歯は生える??なかなか生えない乳歯

娘には、全く同じ日に産まれたお友達がいます。 その子は生後6カ月もすれば徐々に歯が生え始めたにもか...

カラダノートひろば

歯の悩みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る