カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 新生児の病気・症状 >
  5. 脳性麻痺 >
  6. 姿勢の異常、てんかん症状…赤ちゃんの脳性麻痺 症状と特徴まとめ

育児・子供の病気

姿勢の異常、てんかん症状…赤ちゃんの脳性麻痺 症状と特徴まとめ

長い妊娠期間を経て我が子との生活を楽しみにしているママが多いはず。

でも楽しみなことと同じくらい、不安・心配なこともありますよね。

今回は脳性麻痺の症状や特徴についてまとめてみました。参考にしてみてください。

 

脳性麻痺とは

出産前・出産時、または出生後約4週ほどの間に何らかの原因で脳が障害を受けた場合に、手足や体が麻痺を起こし、不自由になることがあります。

著しく脳の機能が失われた状態の事を指すのが、「脳性麻痺」です。

1000人に1~2人で発症すると言われており、早産の場合この発症率がさらに高くなります。

 

出生後すぐに分かるケースは少なく、成長につれて脳性麻痺を疑う症状が顕著になり始め、定期検診などで特徴を確認し、検査をして発見されるというのが一般的なようです。

 

脳性麻痺の原因

妊娠中の原因

妊娠高血圧症候群やウイルス・トキソプラズマの感染、胎盤機能の低下、染色体異常などがあげられます。

 

出生後の原因

分娩時の仮死による低酸素状態、未熟児出産による脳室周囲白質軟化症、頭蓋内出血などの合併症を始めとし、髄膜炎、脳炎、頭部外傷などが原因としてあげられます。

 

脳性麻痺の症状の特徴

主に運動や姿勢についての異常があげられますが、その他にも精神遅滞、てんかん、視聴覚の障害などが認められることがあります。

先に述べた通り出生後すぐには発見されないことが多いです。

 

乳幼児の健康診断など定期健診の際、運動発達の著しい遅れ、異常な運動・姿勢、関節の拘縮などが見られた場合、医師は能世麻痺を疑います。

 

生後6ヶ月頃までは、首のすわりが遅く、反り返りが強い、哺乳が下手、などの特徴も見られます。

この頃を過ぎると、緊張したり興奮したりした時に異常な姿勢をとる、手足が動きにくく突っ張るような仕草をする、消えるべき反射が残っている、「はいはい」や「つかまり立ち」が遅い、という特徴につながっていきます。

 

脳性麻痺の治療法について

残念ながら、赤ちゃんの脳性麻痺を完全に治療する方法は現在ありません。

現れている症状・障害をコントロールし、成長を促していくことが最善とされています。

そのために必要な薬の投与、手術、リハビリテーションについては、医師や看護スタッフの説明をよく理解し、頑張る赤ちゃんに寄り添ってあげたいですね。

 

脳性麻痺の赤ちゃんとママの生活

もしかして脳性麻痺かも…と思うことがあれば、小児科や小児神経科で検査を受けて診断を受けることができます。

診断された後は、適切なリハビリテーションや治療を受けるための医療機関を紹介してもらったり、自分で選んでいくことになります。

 

ママは自分一人で悩まずに、まずは医療機関を受診して判断を仰ぎましょう。

そして子育てに重要な家族とのコミュニケーションを取りながら、赤ちゃんの生活を見守り、サポートしていきましょう。

 

また、同じ疾患をもつ赤ちゃんのご家族の会なども活動しているので、情報を集めながら、思いつめることなく生活できるようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

脳性麻痺に関する記事

手足に麻痺症状が!赤ちゃんが脳性麻痺の対処法とママの心構え

赤ちゃんの様子がおかしいな、と思って医療機関を受診…診断名は「脳性麻痺」! そ...

病気と症状の体験談

大流行!RSウイルスにご注意。

今年はRSウイルスがかなり流行していますね。私の甥っ子、姪っ子も先月にこのウイルスにかかり大騒動でし...

赤ちゃんのめやにが多い!は眼科に行こう。鼻涙管閉塞。

長男はいつもめやにが出ていました。 めやにだけでなく、まつげがつねに濡れていました。 朝になると...

カラダノートひろば

脳性麻痺の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る