カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 熱性けいれん >
  6. 心配な子どものけいれん…対処のポイント&ホームケアの仕方

育児・子供の病気

心配な子どものけいれん…対処のポイント&ホームケアの仕方

 

子どもがけいれんを起こすと、ママを始め誰でもびっくりしてしまいますよね。

一度経験していたとしても、やはりびっくりしてしまうと思います。

大切なのは慌てないこと。症状や対処のポイントについてまとめましたので、参考にしてみてください。

けいれん(痙攣)はなぜ起こる?

けいれんは、多くの場合38度以上の発熱に伴って起こるもので、一時的な意識障害を指し、「熱性けいれん」と呼ばれています。

また、「ひきつけ」と呼ばれることもあります。

けいれん(痙攣)はなぜ起こるのかというと、脳内の神経細胞は微弱な電流で運動や記憶を司っています。

ですが、赤ちゃんの未熟な脳内において、高熱による急激な体温の上昇で強い電流が流れてしまい、運動が制御できなかったり、意識がなくなったりするのです。

 

生後6ヶ月から起きやすくなり、5~6歳までは繰り返し起こす可能性があります。

出産直後に起こることはまれです。

また、3歳前後が、風邪を引いたり熱を出したりしやすい時期であり、同時に保育園や幼稚園の集団生活を始める時期でもあるため、この付近に起こりやすいと言われています。

 

けいれんの症状とは?

子どもによって異なるため、全てあてはまるとは言い難いものですが、多くの場合には突然体を固くし、手足ががくがく、ぶるぶるしている様子が見て取れます。

眼球は上方を向いて白目をむき、意識はなく、呼吸が荒く不規則なのも特徴と言えます。

このように激しい症状が見られることもあれば、高熱時に意識が曖昧で、長時間一点を見続けているような状態も、熱性痙攣の症状のひとつとしてあげられています。

 

対処法について

初めて「けいれん」と対峙する場合、ママびっくりして不安になり、慌ててしまうかもしれません。

ですが、このけいれんは多くの場合1~2分でおさまります。

また、ママやご家族が何かしら働きかけたとしても、早くとまるという訳ではないのです。

 

まずは着ている服をゆるめ、呼吸をしやすくしてあげましょう。

顔を横に向け、もし吐いていた時にはキレイに拭いてあげてください。

その時の体温や、けいれんを起こしている時間なども確認できるとよいでしょう。

以前は舌を噛まないように、と物を咥えさせたこともあったようですが、逆に誤飲を招いたり、口の中を傷付けたりすることがあるので、する必要はありません。

 

初めての発作の時にはママもパニックになりがちですが、救急車を呼ぶ前に、可能なら少し様子を見たり、電話で夜間診療を行っている医療機関などに相談したりしましょう。

ただし、下記の場合は注意が必要です。

・けいれんを幾度も繰り返す場合

・一度のけいれんが10分異常継続する場合

・けいれんによる左右の身体症状の差が激しい場合

・けいれんの後意識が回復しない場合

 などの場合は早期に医療機関を受診し、医師の判断を仰ぎましょう。

 

注意したい「熱性」以外のけいれん

てんかん発作も、熱性けいれんと似た症状です。

てんかん発作は発熱とは関係なく起こるものですが、熱性けいれんと同様に自然に治まります。

ですので、てんかんの発作であることがはっきりわかっている場合には、しばらく様子を見てあげましょう。

 

事故や怪我、中毒など、熱性・てんかんのけいれんとは異なる原因が推察される場合には、とにかく早く医療機関を受診しましょう。

場合によってはすぐに救急車を呼んでください。

場所が自宅以外の場所であれば、安静にできる場所まで出来るだけ静かに移動し、対処していきます。

 

まずは「落ち着く」こと!

子どものけいれんは、その症状からも大人はパニックになりがちです。

ですが、慌てたところでどうにかなる問題ではありません。

まずは落ち着くこと、子どもにしっかりと寄り添ってあげること、些細な変化を見逃さないようにすることが大切です。

 

また、けいれんを一度経験している場合には特に、子どもの体温に気を配っておくことも大切です。

ママやご家族の心構えが一番重要かもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: mana*さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

熱性けいれんに関する記事

子どもの発熱時の突然のけいれん!「熱性痙攣(けいれん)」の対処法

母親学級などで熱性けいれんについて勉強しますが、実際に目の前でわが子がけいれ...

熱性けいれんの場合の病院での処置を知っておこう!

  熱性けいれんが起こったら応急処置は何をすればいいのでしょうか。病院に行って...

熱性けいれんの体験談

はじめての熱性けいれんでドキドキ

長女が1歳のときでした。 寒い冬、自宅で遊んでいた娘。いつもと変わらない様子で積み木やブロックを持...

熱性けいれんとは?初めて見た時の恐怖!

まだ秋ですが、これから寒くなってくるとインフルエンザやノロウィルスなど気を付けないといけない季節が近...

カラダノートひろば

熱性けいれんの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る