カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 肝炎ワクチンはママが肝炎キャリアでなければ受ける必要がない??

育児・子供の病気

肝炎ワクチンはママが肝炎キャリアでなければ受ける必要がない??

肝炎はA型、B型、C型の他にもD型、E型などの様々な種類があります。今日肝炎ワクチンで有効とされているのは、A型とB型のワクチンです。 

あまり身近ではない肝炎ワクチンですが、なぜ接種する必要があるのでしょうか?

 

肝炎キャリアの状態

肝炎キャリアとは肝炎ウイルスが体から排除されずに、体内に保有している状態(持続感染)のことを指します。

 

肝炎のキャリアの約90%の人は一般的に、無症候期から肝炎期、肝炎沈静期と以降し、その後、無症候性キャリアのまま生涯を経過します。

 

しかし、約10%の人は慢性肝炎を発症し、肝硬変、肝臓癌へと進行する危険性があります。

 

肝炎キャリアになりやすい人

肝炎ウイルスに感染しても、ウイルスが排除されてキャリアにならない場合が多いです。

 

しかし、免疫機能が未熟な乳幼児(特に3歳未満)、透析患者、免疫抑制剤などを使用している人など、免疫機能に不安がある場合キャリアになりやすいのです。

 

ママがB型肝炎のキャリアの場合

赤ちゃんが産道を通る出産時に母子感染する危険性があります。

 

そのため妊娠中にママがB型肝炎に感染していないか検査を行い、キャリアの場合は、生後すぐにガンマグロブリンの注射などで予防を始めます。

 

ママがB型肝炎キャリアでない場合、肝炎ワクチンは接種しなくていい?

B型肝炎は非常に感染力の強いウイルスで、毎年約2万人がかかっています。血液や体液を介して感染するので、知らない内に感染している場合が多いのです。

 

そして、特に3歳未満の乳幼児は感染するとキャリア化しやすいので、なるべく早めに予防接種をすることが推奨されています。

 

生後すぐから接種可能ですが、ママがキャリアでない場合は生後2ヶ月以降が標準接種時期となっています。

 

A型肝炎ワクチンとは?

B型肝炎ワクチンの他にも、有効な肝炎ワクチンとしてA型肝炎ワクチンがあります。

 

A型肝炎はウイルスを飲食物などを介して経口感染します。ウイルス性A型肝炎に感染する可能性がある国へ旅行する場合は接種をおすすめします。

 

特に免疫機能が未熟な乳幼児の間は、肝炎ウイルスに感染するとキャリア化しやすいので、将来、肝硬変や肝癌の予防のためにも、早めにB型肝炎ウイルスのワクチン接種を行いましょう。 

(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

子供の体の免疫機能が抗体を作る!ワクチン接種の効果と種類

一度かかった病気にはかかりにくくなる、もしくは症状が軽くなる、ということを聞...

0歳代に受けたい予防接種をおさらいしておこう!

ワクチン接種は0歳代からあります。0歳代の赤ちゃんをワクチンで防げる病気から...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る