カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 予防接種 >
  4. 0歳代に受けたい予防接種をおさらいしておこう!

育児・子供の病気

0歳代に受けたい予防接種をおさらいしておこう!

ワクチン接種は0歳代からあります。0歳代の赤ちゃんをワクチンで防げる病気から守るには、生後2ヶ月になったらできるだけ早くワクチンを受けることが大切です。

 

定期接種以外にも、任意接種のもの、接種回数が多いものもあるので、かかりつけの医師と相談の上、計画をたてて接種していきましょう。

 

0歳代に接種するワクチン一覧、(予防できる病気)、接種時期を以下にご紹介します。

 

0歳の定期予防接種

・三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)

1歳までの間に3回接種します。不活化ワクチンなので、中6日あけると他のワクチンを接種することができます。

 

・不活化ポリオ(急性白灰髄炎)

1歳までの間に3回接種します。不活化ワクチンなので、中6日開けると他のワクチンを接種することができます。三種混合とセットで四種混合としても接種できます。

 

・BCG(結核)

標準的な接種は生後5ヶ月から8ヶ月までの間に1回接種します。1歳までには接種を完了するようにしましょう。生ワクチンなので、他のワクチンを接種する場合は、BCGを接種した日から、中27日あけて接種しましょう。

 

・ヒブ(インフルエンザb型)

1歳までの間に3回接種します。不活化ワクチンなので、中6日あけると他のワクチンを接種することができます。

 

・小児用肺炎球菌(肺炎球菌)

1歳までの間に3回接種します。不活化ワクチンなので、中6日あけると他のワクチンを接種することができます。

 

・日本脳炎

1期は3回、2期(9歳以上、13歳未満)に1回接種します。生後6ヶ月より接種可能。不活化ワクチンなので、中6日あけると他のワクチンを接種することができます。

 

0歳の任意予防接種

・ロタウイルス

ワクチンの種類によって受ける回数が違います。

 

1価ワクチンの“ロタリックス”は生後6週から接種可能で、2回接種します。2回目は生後24週までに接種を完了しましょう。

 

また、5価ワクチンの“ロタテック”は生後6週から接種可能で、3回接種します。3回目は生後32週までに接種を完了しましょう。

 

経口接種で、生ワクチンなので、他のワクチンを接種するには、中27日あける必要があります。そのため、接種を希望するなら、他のワクチンとの同時接種をおすすめします。

 

・B型肝炎

3回接種します。3回目は2回目から5~6ヶ月後に接種を行います。月齢や年齢に関わらず接種できますが、赤ちゃんの間に感染するとキャリア化しやすいため、なるべく早い段階での接種をおすすめします。

 

0歳代で接種しなければならないワクチンは多いので、生後2ヶ月になったら、かかりつけの医師と相談しながら、接種を進めていきましょう。 

(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防接種に関する記事

低体重児・未熟児…小さく生まれた赤ちゃんの予防接種で変わることはあるの?

低体重児・未熟児として生まれてしまった小さめ赤ちゃん。場合によっては入院が必要...

四種混合ってどんな予防接種? ワクチンで予防できる病気…接種のタイミング…疑問を解決!

2012年11月からスタートした定期接種、四種混合ワクチンについてご存知でしょ...

予防接種の体験談

生後2か月 初めての予防接種 任意はどうする?

赤ちゃんが産まれて、こんなに予防接種の回数が多いとは思っていませんでした。 正直、かなり面倒くさい...

注射の痕が赤い>< これって大丈夫??

生後2ヶ月くらいから、予防接種ができるようになり、我が子も順番に行っていました。 初めての予防接種...

カラダノートひろば

予防接種の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る