カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 症状 >
  5. 1型糖尿病・2型糖尿病の症状の違いと知っておきたい用語はコレ

生活習慣病

1型糖尿病・2型糖尿病の症状の違いと知っておきたい用語はコレ

  

糖尿病には大きく1型糖尿病と2型糖尿病の2種類に分類されます。

 

糖尿病とは、血液中の血糖値が高くなっている状態。また、それに関わるインスリンと呼ばれる、膵臓のランゲルハンス島という場所の、β細胞(ベータ細胞)で作られるホルモンも大きく関わってきます。そして血糖値の上昇により、様々な症状をもたらします。

 

では、1型と2型はどのように違うのでしょうか。

 

1型糖尿病

・病態

インスリンが全くない、あるいはほとんどない状態で、インスリンの絶対量が足りないので糖尿病になります。

 

・割合

糖尿病患者全体の5%程度。

 

・発症年齢、体型

子供や若い人に多く、やせ形に多い

 

・症状

最初は風邪に似た症状が出ます。その後、のどが渇く、尿が多くなる、急激にやせるなどの症状が出ます。放っておくとケトアシドーシスに陥るので、ただちに治療が必要。

 

・発症の仕方

急激に発症し、病状の悪化も急速

 

・原因

膵臓のβ細胞が破壊されたため

 

・治療方法

インスリン注射が必須

 

・ケトアシドーシス

起こしやすい

 

2型糖尿病

・病態

インスリンの出が悪い、インスリンの働きが悪い、インスリン受容体(インスリンと結合して作用する)の働きが悪いなど色々なタイプがあり、それにより糖尿病になります。

 

・割合

糖尿病患者全体の約95%を占めると言われています。

 

・発症年齢、体形

中高年に多く、太った人に多い

 

・症状

自覚症状がないのが特徴。いつ発症したのか分かりにくい。苦痛がないからと放っておくと合併症が進んでくるので、必ず治療を受けましょう。

 

・発症の仕方

ゆるやかに発病し、進行もゆっくり

 

・原因

遺伝的体質に肥満などの要因が加わって発症する

 

・治療方法

食事・運動療法、場合により飲み薬やインスリン注射

 

・ケトアシドーシス

まれに起こる

 

合併症とは

高血糖が続いていると、全身の細い血管や神経の障害が出てきます。

 

糖尿病の三大合併症と呼ばれるものに、網膜症、腎症、神経障害というものがあります。

 

さらに、動脈硬化や感染症にかかりやすくなったり、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症、歯周病などの合併症があります。

 

ケトアシドーシスとは

インスリンは血糖値の元となるブドウ糖をエネルギーとして分解する時に必要なホルモン。

 

インスリンが不足すると、ブドウ糖を分解してエネルギーを出せなくなるので、変わりに脂肪が分解されエネルギーとして使われるようになります。そして、脂肪を分解するとケトン体という酸性物質ができます。

 

「ケトアシドーシス」とは、このケトン体が血中に増え、血液が酸性化した状態のこと。身体の様々な働きが低下し、重症になると昏睡に陥ってしまう危険な症状です。

 

合併症は一度発症すると、治すのはとても大変。糖尿病と診断されれば、合併症の予防が大切です。血糖コントロールが合併症を予防したり、進行を遅らせることができます。 

(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

なんだかいつも眠い・・・糖尿病と低血糖の関係

    ◆糖尿病とインスリン   糖尿病になると高血糖の状態が続き、それ...

全身かゆい…かゆみが長く続く…そのかゆみ、もしかしたら原因は内臓疾患かもしれません!

皮膚が乾燥したり、アレルギー症状としての皮膚のかゆみはよくあります。   ...


不眠が血糖値を上げる!?眠れない・・糖尿病と睡眠障害について

   糖尿病になると、普通の人よりも寝つきが悪い、夜中に起きる、眠れないなどの...

糖尿病と立ちくらみ~起立性低血圧や低血糖発作の可能性も!

糖尿病になると立ちくらみが起きるという方もいます。起立性低血圧と、糖尿病と自...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る