カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 予防 >
  5. 2型糖尿病の一次予防、二次予防、三次予防について

生活習慣病

2型糖尿病の一次予防、二次予防、三次予防について

6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s.jpg 

2型糖尿病は、糖尿病の中でのもっとも多い疾患。糖尿病と言えば、2型糖尿病であると言えるほどです。厚生労働省の調査によると、糖尿病有病者(糖尿病が強く疑われる者)の割合は、男性が16%、女性が約9%という結果でした。これはとても多いことが分かります。

 

今回は、身近に起こりうる2型糖尿病の一次・二次・三次予防についてご紹介したいと思います。

 

2型糖尿病とは

血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気。初期の糖尿病の自覚症状はほとんどなく、高血糖の状態が進むと、徐々に全身の血管や神経が障害され、様々な合併症を起こします。

 

原因は、遺伝や高カロリー、高脂肪食、運動不足などの生活習慣によって引き起こされる、インスリンの作用不足が原因と考えられます。

 

2型糖尿病に対する一次・二次・三次予防

一次予防

病気になる前の健康者に対して、病気の原因と思われるものの除去や忌避に努め、健康増進を図り、病気の発生を防ぐなどの予防措置をとること。

 

糖尿病は肥満と深く関係していることから、各地方自治体でメタボ検診を奨励し、実施されています。そのことによって、糖尿病や予備軍と診断されれば、適切な指導が行われます。

 

つまり、規則正しい生活、運動、ストレスをためないなどの生活習慣の指導などが中心に行われます。

 

二次予防

病気になった人をできるだけ早く発見し、早期治療を行い、病気の進行を抑え、重篤にならないように努めること。

 

糖尿病の場合は、合併症予防を意味します。

合併症を予防するには血糖コントロールを良好に保つことが必須ですが、治療していない、あるいは治療を中断したりすることが、合併症発症につながるので、治療を継続できるように促します。

 

三次予防

病気が進行した後の、後遺症の治療や再発防止、残存機能の回復・維持、リハビリテーション、社会復帰などの対策を立て、実行すること。

 

糖尿病の更なる症状の進行を防ぐことや、合併症に対する臓器障害の予防、新たな合併症にならないように予防することなどです。糖尿病がかなり進行している場合に当てはまり、生命予後の悪化や、生活の質の低下を予防することに努めます。


病気や予防法について知っておくことで、普段の生活にも役立てられますね!

(Photo by:写真AC

著者: ゆたいさりさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

妊娠中は注意が必要!妊娠糖尿病の原因と予防法は?

じつは妊娠中は、ホルモンの関係で血糖値が上がりやすいです。 妊娠中はじめて血糖...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る